株式会社LIXIL様

導入時期 : 2012年

業種: 製造

導入サービス : CREマネジメント統合ソリューション:MKI CRE Suite

導入概要

株式会社LIXILのCRE(企業不動産)マネジメントに採用

LIXILがMKIのSaaS型サービス「MKI CRE Suite」が採用。CREデータ活用支援サービスを併用し、CRE情報の集約を短期間に実現。

株式会社LIXILについて

株式会社LIXILは、株式会社住生活グループの事業会社であったトステム株式会社、株式会社INAX、新日軽株式会社、サンウエーブ工業株式会社、東洋エクステリア株式会社が2011年4月1日に統合して誕生した住生活グループ最大の事業会社です。傘下に販売や生産、メンテナンス、サービスなどを担うさまざまな子会社を数多く有し、海外拠点も30カ国で展開しています。株式会社LIXILは、住生活グループ傘下の住宅不動産他セグメントや流通小売りを担う各社とともに、LIXIL経営理念のもと、総合的な住環境ソリューションを提供する会社です。
ホームページ: http://www.lixil.co.jp/
 

お客さまの課題・目的

LIXILは、2011年4月1日に株式会社住生活グループの事業会社であったトステム株式会社、株式会社INAX、新日軽株式会社、サンウエーブ工業株式会社、東洋エクステリア株式会社が統合して誕生した住生活グループ最大の事業会社です。統合前は、各社がそれぞれのCRE情報を独自に管理していました。また、管理物件の用途・所管部署は多岐に亘っており、CRE情報のデータ項目・内容は多様でした。

ソリューション・解決方法

グループ資産の有効活用とCREリソースの最適化・再配分を推進する為に、この度、CREマネジメント統合ソリューションとして「MKI CRE Suite」を採用。加えてMKI「CREデータ活用支援サービス」により、統合各社のCRE情報の一括収集、管理項目の整理・統合・一元管理化を、両社共同で短期間に集中して実施いたしました。

今後LIXILでは、「MKI CRE Suite」に集約されたCRE情報を多角的に分析し、グループ内の不動産をより効率的に運用することで、経済的価値の最大化を図る予定です。

※本事例中に記載の肩書や数値、固有名詞等は掲載当時のものであり、閲覧される時点では、変更されている可能性がございます。
※記載されている社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

CREマネジメント統合ソリューション:MKI CRE Suiteに関するお問い合わせ

担当部門:不動産営業部 電話番号:03-6376-1251

お問い合わせ

関連リンク

 

line_blue
イベント・セミナーのご案内
line_blue
11/16(木) subscribed Tokyo Japan 講演・出展のご案内  サブスクリプション・エコノミーによる創造的破壊の始まり ~破壊するか? 破壊されるか?Zuora Japan・東洋経済新報社共催
line_blue
イベント・セミナー一覧
サブスクリプションビジネス収益向上プラットフォーム:Zuora
1_1blank
ページ上部へ