東京海上日動メディカルサービス株式会社様

導入時期 : 2014年

業種: その他

導入サービス : MKIコミュニケーションプラットフォーム ICPクラウドサービス

導入概要

東京海上日動メディカルサービス株式会社様

24時間365日停止することが許されない
緊急性の高い電話医療健康相談サービス
そのコールセンターを支えているのは、MKIの「ICPクラウドサービス」

東京海上グループの医療健康関連サービス会社として、東京海上日動メディカルサービス株式会社は医師・看護師・臨床心理士などの医療専門職を擁し、医療健康関連分野で事業を展開しています。

同社は、1997年に電話医療健康相談サービス業務を開始。24時間365日体制のコールセンターの新システムに、三井情報株式会社(以下、MKI)が提供するMKIコミュニケーションプラットフォーム「ICPクラウドサービス」を採用しました。決め手となったのは、閉域網の活用により、外部の脅威や望まない計画停止を最小化できるMKI独自の設計思想でした。新システムはクラウドならではの柔軟性を発揮、現場からも使い勝手の良さで好評を得ています。

東京海上日動メディカルサービス株式会社について

名 称 : 東京海上日動メディカルサービス株式会社
所在地 : 東京都港区赤坂2-14-27 国際新赤坂ビル東館内
事業内容 : 健康プロモーション事業、メディカルリスクマネジメント事業、医療全般の審査・分析事業
ホームページ: http://www.tokio-mednet.co.jp/

お客さまの課題・目的

旧システムの保守サポート終了と事務所移転に伴う、コールセンターの新システムの導入。24時間365日体制の電話医療健康相談サービスに最適な、何があっても止まらないシステムと席数に合った設備の構築を目指した。

ソリューション・解決方法

信頼性の高いAVAYA製コールセンター設備をクラウドで提供するMKI「ICPクラウドサービス」を採用。閉域網での提供により、脅威にさらされず計画停止を最小化できることが最大の選択理由だった。

効果

計画停止の心配から解放されるとともに、2割程度のコスト削減が実現。また、要件定義に時間を割き、最終的に旧システムよりも使いやすいという評価に。さらに、クラウドならではの柔軟さにより、BCPに即したマルチ拠点化構想の素地も整った。

※本事例中に記載の肩書や数値、固有名詞等は掲載当時のものであり、閲覧される時点では、変更されている可能性がございます。
※記載されている社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

ICPクラウドサービスに関するお問い合わせ

担当部門:金融・コンタクトセンター営業本部 コンタクトセンター営業部 電話番号:03-6376-1117

お問い合わせ

ページ上部へ