ITコストマネジメント

ITコストの妥当性を見定め、適正化を図ります

活用シーン

Point全社的コスト削減方針に即して、ITコスト削減の施策を立案、実現させたい
 ベンダーが用意した契約書やサービス仕様書に完全に依存している
 現状のサービスレベルを落とさずに、保守運用コストの削減を進めたい
 ベンダーから提示された見積書やサービス仕様書の表現が専門的で理解できない

Pointより高い ITケイパビリティを実現するための投資財源を確保したい
 開発や保守・運用コストを削減したいが、どこをどう減らせばよいかわからない
 保守契約は毎年自動継続されており、しばらく見直しをしていないので吟味したい
 価格の妥当性(サービス、工数、金額など)が判断できない

Pointマネジメントを実践していくための仕組みをつくりたい
 自社やグループ企業のITコストがどのような構造になっているのかより精緻に把握したい
 ITコストを活動原価基準ベースで把握するための管理会計の仕組みを設けたい
 ITコストを全体最適の観点から、ユーザー人件費等も含めたITコスト構造を「見える化」したい

サービス概要

 IT利活用が不可欠である今日の企業活動において、まず、既存ITを採用しなかった場合にどれだけの追加コストが生じるかを考慮する必要があり、次に、採用する場合には、どれを(何を)採用するべきかを見極め、優先順位付けする必要があります。

 ITコストマネジメントでは、事業上、有用と考えられる投資余剰を確保するために、既存事業の運用を見直しつつIT関連資源のムダを排除し、有効性・効率性の観点から諸施策を計画・予算化し、実行局面での諸活動を調整・統制することが重要ポイントとなります。つまりITコストマネジメントは、ITマネジメントを担うIT部門における一連のマネジメント活動そのものであり、当該マネジメントの有効性が、結果としてコストという側面で定量情報として「見える化」されることになります。

 MKIでは、IT部門で担うべき一連のマネジメント活動の支援として、クライアントニーズに合わせた、有効なITコストマネジメントの遂行を支援します。

../../dbps_data/_material_/_files/000/000/010/940/CostImage.PNG

サービスメニュー

../../dbps_data/_material_/_files/000/000/010/940/CostServiceMenu.png

ITコストマネジメントに関するお問い合わせ

ページ上部へ