Genesys SIP Server

キャリアグレードのコンタクトセンターを実現するソリューション

Genesys SIP Serverは、コンタクトセンター向け用のプラットフォームとしてジェネシスが設計したSIPサーバーです。 従来のコンタクトセンターでは、PBXやIP-PBXがそのプラットフォームの中心でした。しかし、メーカーが異なるPBX間の接続が出来ないことや、数年ごとのファームウェアバージョンアップの保守作業が発生するなど、柔軟性と拡張性に乏しい側面がありました。
Genesys SIP Serverはオープンで標準的な通信プロトコル“SIP(Session Initiation Protocol)”を採用し、ジェネシスが培ってきたオープン性を合わせ持つため、自社のコンタクトセンターに適したシステムを選択し、構築費用を最適化することができます。
またGenesys SIP Serverは、エージェント管理ツール、IVR機能など、コンタクトセンターに必要な機能をカバーしているため、ジェネシスのコンタクトセンター・ソリューションと密接に連携することで、ジェネシスのソリューションだけで高度なコンタクトセンター・システムを構築することができます。さらにアプリケーション開発や他の部署との連携が容易になることや、ビデオを使った顧客対応など、顧客と企業のコミュニケーションの幅を大きく広げることで、顧客サービスの定義を大きく変える可能性を持っています。

製品の特長

高いオープン性および拡張性

Genesys SIP Serverは、SIP Server単体での利用に加え、他社製のSIP対応ソフトスイッチとの連携や、PBXやIP-PBXなどの既存のテレフォニー環境との混在、段階的移行など、システムを柔軟に設計できるメリットがあります。
例えば、既存のデータベースやCRMアプリケーションはそのままに、テレフォニーからSIP環境に移行するなど、センターの状況に合わせたIP化が可能です。さらに、システムが異なる複数拠点のバーチャル統合を行う「マルチサイト化」や他部門との連携により、エージェントの業務を一元管理し、業務の標準化をサポートします。このような柔軟性かつ拡張性により、Genesys SIP Serverは、数席規模のセンターから数万席の大規模センターまでサポートします。

高可用性(HA)の強化による安定性

Genesys 8(G8)では、HA(High Availability)を強化し、稼働率99.999%(Five-Nine)を実現しています。呼損が無い状態で切り替え可能です。HAオプションとして、異なるサブネット上にもHAペアを配置できるDNSオプションを提供するなど、24時間365日のシステム稼働に耐えうる環境を提供することも可能です。

急激な座席増加時および在宅エージェントへの対応が可能

Genesys SIP Server はソフトウェアベースのため、機器増設無しに急激な座席の増加時に対応が可能です。G8では、インスタンスで4,000エンドポイントまで接続することが出来、最大40,000台を実現します。Genesys SIP Serverのサイジング変更、ライセンス数の追加のみで増設が出来ます。
また、Genesys SIP Server はマルチサイトの一元管理にすぐれているため、リモートオフィスで勤務する在宅エージェントを、高いコストパフォーマンスで信頼性あるバーチャルコンタクトセンタ―の要員として活躍してもらうことが可能です。

自社設備への設置からクラウドコンピューティングまで

Genesys SIP Server は、従来型のオンプレミスは勿論のこと、データセンターでの配備や、サーバー仮想化環境での導入も可能です。SaaS・クラウドコンピューティングに対応しているため、お客様の環境や計画に応じたフレキシブルな導入形態をとることができます。

オール・ジェネシスでのコンタクトセンタープラットフォームの構築

コンタクトセンターに必要なエージェント管理ツール、モニタリング/レコーディング・ツール、IVR機能を備えているため、ジェネシスのソリューションだけでコンタクトセンター・システムを構築することが可能です。ジェネシスのコンタクトセンター・ソリューションと密接に連携することで、ルーティング、インバウンドとアウトバウンドとのブレンディング、Eメールやソーシャルメディアを組み合わせたマルチチャネル対応などによりエージェント・リソースの有効活用や稼働率の向上、セルフサービス・ソリューションとのシームレスな連携も可能となります。

※記載されている社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

Genesys SIP Serverに関するお問い合わせ

担当部門:金融・コンタクトセンター営業本部 電話番号:03-6376-1117

お問い合わせ

 

line_blue
イベント・セミナーのご案内
line_blue
11/16(木) subscribed Tokyo Japan 講演・出展のご案内  サブスクリプション・エコノミーによる創造的破壊の始まり ~破壊するか? 破壊されるか?Zuora Japan・東洋経済新報社共催
line_blue
イベント・セミナー一覧
ページ上部へ