財務会計:Biz∫(ビズインテグラル)会計

クラウド , ERP

総勘定元帳の複数元帳対応

総勘定元帳の複数元帳対応

総勘定元帳を複数保持することが可能なため、IFRS基準の会計数値と日本基準の会計数値を同時に管理し、帳票出力することが可能です。

固定資産の複数帳簿対応

固定資産の複数帳簿対応

資産台帳を複数保持することが可能なため、複数の会計基準による償却情報(減価償却方法、耐用年数、残存価額、償却累計額 など)を管理します。複数会計基準での情報開示を効率化し、税務申告業務の効率化が可能です。

マネジメント・アプローチによるデータの統合管理

マネジメント・アプローチによるデータの統合管理

事業単位、地域単位、取引先、製品カテゴリ、サービスなど、経営判断や内部管理を必要とする任意の単位で、財務諸表・その他の会計情報を出力できる構造となっており、グループ決算業務や開示業務、監査業務の効率化が可能です。

仮仕訳伝票による見込み管理

仮仕訳伝票による見込み管理

取引が確定していないものの、今後発生が見込まれる会計伝票を「仮仕訳」として登録することができ、確定前の数値を用いた財務諸表の着地見込の可視化を実現しています。

仕訳データ取込モジュールの標準提供

仕訳データ取込モジュールの標準提供

会計システムと生産・販売・物流・人事といった他のシステムとの連携がなく、取引データの二重投入・加工を必要とし、決算の早期化が阻害されているケースがあります。Biz∫会計では、データ属性のチェック、データ変換、フォーマット変換を行う「会計連携」を提供可能としており、基幹業務システムからのシームレスなデータ連携を実現します。

※マスタ情報、フロー制御、重複削除や演算を伴うデータ連携にはオプションのBiz∫Asteriaをご利用下さい。

※当ページの内容(掲載図含む)は、NTTデータ ビズインテグラル社から許可を得て、同社Webサイトから一部抜粋して転記しております。
※記載されている機能(掲載図の表記を含む)は、予告なく変更されることがありますのであらかじめご了承ください。
※記載されている社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

財務会計:Biz∫(ビズインテグラル)会計 に関するお問い合わせ

担当部門:ERP推進部 電話番号:03-6376-1115

お問い合わせ

 

line_blue
イベント・セミナーのご案内
line_blue
1/26(金)・大阪開催  三井情報 地域金融機関向け大阪セミナーのご案内  これから求められる自動化とは?-AI・RPAの有効活用-
line_blue
line_blue
2/2(金)・大阪開催  Box テクニカルセミナーのご案内  新機能やBox活用Tips、BoxJapanエンジニアによるAPI開発について
line_blue
2/23(金) テクマトリックス CRM Forum 2018 MKI出展及び講演のご案内  弊社講演 「(仮) AIで実現するリアルタイム音声認識・要約によるVoC活用」
line_blue
イベント・セミナー一覧
ページ上部へ