バイオインフォマティクス/成果発表・論文

著書

  • 多層オミックス解析と統合データベース構築
    青木健一, 錦織充広, 田中啓太, 五味雅裕, 斎藤嘉朗, 吉田輝彦, 南野直人, オミックスで加速するがんバイオマーカー研究の最新動向:遺伝子医学MOOK(2015)
  • Comparison of Glycosyltransferase Families Using the Profile Hidden Markov Model.
    Kikuchi N. Experimental Glycoscience (2008)
  • Bioinformatics for comprehensive finding and analysis of glycosyltransferases.
    Kikuchi N, Narimatsu H. Biochim Biophys Acta (2006)
  • バイオインフォマティクスの糖鎖研究への貢献
    菊池紀広 バイオテクノロジージャーナル (2006)
  • 分子生物学 basic technique その21 データベースの活用
    菊池紀広 THE LUNG perspectives (2005)
  • Comparison of glycosyltransferase families using the profile hidden Markov model.
    Kikuchi N, Kwon YD, Gotoh M, Narimatsu H. Trends in Glycoscience and Glycotechnology (2004)
  • 糖鎖修飾を決定する糖転移酵素の網羅的解析
    栂谷内晶、菊池紀広、工藤崇、成松久 蛋白質核酸酵素・増刊号「化学と生物学の接点がつくるNewバイオテクノロジー」 (2003)
  • 感受性遺伝子の同定とバイオインフォマティクス
    三浦雄治、武田徹哉、青島健、江口至洋 実験医学増刊 (2001)
  • マイクロアレイインフォマティクス
    Maki Y, et al. 実験医学別冊 ゲノム機能研究プロトコール (2000)
  • マイクロアレイインフォマティクス
    Maki Y, et al. 遺伝子医学 (2000)
  • ゲノム配列の結合編集とアノテーション
    大山 彰 ゲノム情報生物学 (2000)

※記載されている社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

バイオインフォマティクスに関するお問い合わせ

担当部門:バイオメディカル室 電話番号:03-6376-1291

お問い合わせ

 

line_blue
イベント・セミナーのご案内
line_blue
1/26(金)・大阪開催  三井情報 地域金融機関向け大阪セミナーのご案内  これから求められる自動化とは?-AI・RPAの有効活用-
line_blue
line_blue
2/2(金)・大阪開催  Box テクニカルセミナーのご案内  新機能やBox活用Tips、BoxJapanエンジニアによるAPI開発について
line_blue
2/23(金) テクマトリックス CRM Forum 2018 MKI出展及び講演のご案内  弊社講演 「(仮) AIで実現するリアルタイム音声認識・要約によるVoC活用」
line_blue
イベント・セミナー一覧
ページ上部へ