バイオインフォマティクス/成果発表・論文

主な学会発表(近年)

  • 肺腺癌の多段階発生過程におけるDNAメチル化異常
    濱田賢一1,2, 新井恵吏1, 河野隆志3, 高橋順子4, 深町幸宏4, 蔦幸治5, 渡辺俊一6, 吉田輝彦7, 淺村尚生2,金井弥栄1
    1慶應義塾大学医学部病理学教室,2慶應義塾大学医学部外科学教室(呼吸器), 3国立がん研究センター研究所ゲノム生物学研究分野, 4三井情報株式会社ソリューションセンターバイオメディカル室, 5関西医科大学付属病院臨床検査医学科, 6国立がん研究センター中央病院呼吸器外科,7国立がん研究センター研究所基盤的臨床開発研究コアセンター
    第58回 日本肺癌学会(2017)
  • 拡張代謝パスウェイデータベース「M-path」の構築
    小川哲平1)、牧口大旭1)、荒木通啓2),3)
    1)三井情報株式会社 2)京都大学 大学院医学研究科 3)神戸大学 大学院科学技術イノベーション研究科
    トーゴーの日シンポジウム2017(2017)
  • 多層的疾患オミックス解析のための統合データベース ”iDOx DB”
    田中啓太1)、中川寛之1)、友田史緒里1)、高橋順子1)、金井弥栄2)、松本健治3)、南野直人4)、斎藤嘉朗5)、吉田輝彦6)
    1)三井情報株式会社、2)慶應義塾大学医学部、3)国立成育医療研究センター、4)国立循環器病研究センター、5)国立医薬品食品衛生研究所、6)国立がん研究センター研究所
    トーゴーの日シンポジウム2017(2017)
  • ホルマリン固定パラフィン包埋組織はゲノム網羅的DNAメチル化解析に利用できる
    Formalin-fixed and paraffin-embedded tissue samples are available for genome-wide DNA methylation analysis

    尾原健太郎1,新井恵吏1,深町幸宏2,高橋順子2,込山元清3,藤元博行3,吉田輝彦4,金井弥栄1
    1慶應義塾大学医学部病理学教室,2三井情報株式会社ソリューションセンターバイオメディカル室,3国立がん研究センター中央病院後腹膜・泌尿器科,4国立がん研究センター研究所基盤的臨床開発研究コアセンター
    第76回日本癌学会(2017)
  • Development of Extension Pathway for Human-Specific Metabolic Reactions
    Teppei Ogawa, Hiroki Makiguchi, Michihiro Araki
    第6回生命医薬情報学連合大会(2017)
  • Lipid Search5.0: A New Software for Processing Data from Direct Insufion and LC-MS High Resolution Mass Spectrometry Based Lipidomics Workflow
    David A Peake1 , Yasuto Yokoi2 , Yukihiro Fukamachi2 , Reiko Kiyonami1 , Elena Sokol 1 and Gavin Reid3 , 1Thermo Fisher Scientific, San Jose, CA, USA; 2Mitsui Knowledge Industry Co., Tokyo, Japan; 3University of Melbourne, Parkville, Victoria, Australia
    ASMS(2017)
  • Development of Design Platform for Metabolic Pathways.
    Teppei Ogawa, Hiroki Makiguchi, Michihiro Araki
    第5回生命医薬情報学連合大会(2016)
  • バイオサイエンスデータベースセンターの各種RDFストアの整備状況と活用促進
    畠中秀樹1)、大波純一1)、大久保克彦2)、井上圭介3)、加藤健弘2)、杉崎太一朗4)、信定知江1)、八塚茂1)
    1)科学技術振興機構 バイオサイエンスデータベースセンター 2)株式会社日立製作所 3)株式会社日立公共システム 4)三井情報株式会社
    第39回分子生物学会(2016)
  • バイオプロセスデザインプラットフォームの構築
    牧口 大旭、小川 哲平、荒木通啓
    第39回日本分子生物学会(2016)
  • 生命科学データベース横断検索の情報検索高度化に向けた取り組み
    大波純一1)、杉崎太一朗2)、坂本麗2)、平井信一2)、牧口大旭2)、川本祥子3)、畠中秀樹1)
    1)科学技術振興機構 バイオサイエンスデータベースセンター 2)三井情報株式会社
    3)情報・システム研究機構 ライフサイエンス統合データベースセンター
    トーゴーの日シンポジウム2016(2016)
  • Integrated Software for Data Processing and Analysis in Direct Infusion Ultra-High Resolution / Accurate Mass Spectrometry Based ‘Top-Down’ Lipidomics Workflows;
    Yasuto Yokoi1 ; Yukihiro Fukamachi1 ; David Peake2 ; Reiko Kiyonami2 ; Eileen Ryan3 ; Gavin E Reid3 ; 1 Mitsui Knowledge Industry Co, Tokyo, Japan; 2 Thermo Fisher Scientific, San Jose, CA; 3 University of Melbourne, Victoria, Australia
    ASMS(2016)
  • 研究現場でのクラウド利活用ー事例から見る最適なサービス設計
    牧口大旭
    三井情報株式会社
    第16回IPABシンポジウム(2016)
  • インシリコ代謝経路設計基盤の展開
    荒木通啓、牧口大旭、日本薬学会第136回年会(2016)小川哲平、近藤昭彦
    日本薬学会第136回年会(2016)
  • 生命科学系データベースに含まれる外部データベースへのリンク及びダウンロードデータの状況調査と傾向分析
    Investigation and trend analysis of external links and downloadable datasets in life science databases

    大波純一1、信定知江1、畠中秀樹1、宮崎敦子1、杉崎太一朗2、平井信一2、牧口大旭2、大久保克彦3、井上圭介4、川本祥子5,6 、高木利久1,7,8
    1.科学技術振興機構・バイオサイエンスデータベースセンター 2.三井情報・バイオメディカル 3.日立製作所/情報・通信システム 4 日立公共システム・自治2
    5. 情報・システム研究機構・ライフサイエンスデータベースセンター 6. 近畿大・院総合理工・遺伝カウンセラー 7. 遺伝研・DDBJセンター 8.東大・院理・生物科学
    第38回分子生物学会(2015)
  • 遺伝カウンセラーのための情報検索サイトの活用とシステム最適化に関する検討
    杉崎 太一朗1 大波 純一2 川本 祥子3,4
    1 三井情報(株) バイオメディカル室
    2科学技術振興機構・バイオサイエンスデータベースセンター(JST, NBDC) 3近畿大・院総合理工・遺伝カウンセラー
    4情報・システム研究機構・ライフサイエンス統合データベースセンター(DBCLS)
    第38回分子生物学会(2015)
  • M-Path&PathPod:バイオプロセスデザインプラットフォームと統合型パスウェイデータベースシステム
    牧口大旭、小川哲平、近藤昭彦、荒木通啓
    第38回分子生物学会(2015)
  • 生命科学データベース横断検索のメタ情報利用とインフラ環境強化
    大波純一1)、杉崎太一朗2)、青木健一2)、平井信一2)、牧口大旭2)、川本祥子3)、畠中秀樹1)、三橋信孝1)
    1)科学技術振興機構 バイオサイエンスデータベースセンター 2)三井情報株式会社 3)情報・システム研究機構 ライフサイエンス統合データベースセンター
    トーゴーの日シンポジウム2015(2015)
  • 遺伝カウンセラーのための情報検索サイトの構築
    Information retrieval system for genetic counselor using NBDC cross search

    川本祥子1,3、大波純一2、杉崎太一郎4、田村和朗1、巽純子1、高木利久2
    科学技術振興機構バイオサイエンスデータベースセンター2、情報・システム研究機構ライフサイエンス統合データベースセンター3、三井情報株式会社4
    日本遺伝カウンセリング学会(2015)
  • New approach for Metabolomics pathway analysis
    Oshida, T., Ogawa, T., Yokoi, Y., Fukamachi, Y., Araki, M., Makiguchi, H.
    ASMS2015 (2015)
  • 代謝シミュレーション基盤を利用した網羅的メタボローム推定
    荒木通啓、牧口大旭、小川哲平、近藤昭彦
    日本薬学会第135回年会(2015)
  • Epigenome Mapping of Human Normal Purified Hepatocytes by the International Human Epigenome Consortium(IHEC): Personal Epigenome Variation and Genome-Epigenome Interaction
    Eri Arai, Fumihito Miura, Yasushi Totoki, Satoshi Yamashita, Ying Tian, Masahiro Gotoh, Hidenori Ojima, Hiroyuki Nakagawa, Yoriko Takahashi, Hiromi Nakamura, Natsuko Hama, Mamoru Kato, Tomoo Kosuge, Yutaka Suzuki, Takashi Ito, Tatsuhiro Shibata, Yae Kanai,.IHEC Science Day & Annual Meeting 2015 (2015)
  • New approach for Metabolomics pathway analysis
    Takehiro Oshida, Teppei Ogawa, Yasuto Yokoi, Yukihiro Fukamachi, Michihiro Araki, Akihiko Kondo, Hiroki Makiguchi,.63rd ASMS Conference on Mass Spectrometry and Allied Topics(2015)
  • Construction of M-path Database for Expanding Metabolic Pathways
    Teppei Ogawa, Hiroki Makiguchi, Masahiko Nakatsui, Robert Cox III, Akihiko Kondo, Takeshi Taniguchi, Kohei Miyaoku, Michihiro Araki,.Active Enzyme Molecule 2014(2014)
  • がん抑制遺伝子PHLDA3による新規Akt抑制メカニズムの解明
    西川 雷羅、齋藤 梢、川瀬 竜也、佐藤 美和、並木 秀男、広川 貴次、大木 理恵子 第36回分子生物学会(2013)
  • UPLC/MS and shotgun lipidomics using the search engine LipidSearch
    Yasuto Yokoi, Giuseppe Astarita, Giorgis Isaac, James Langridge, Alan Millar, Norihiro Kikuchi,.60th ASMS Conference on Mass Spectrometry and Allied Topics(2012)
  • PHLDA3によるがん遺伝子Akt抑制メカニズムの解明
    齋藤 梢、川瀬 竜也、佐藤 美和、並木 秀男、広川 貴次、大木 理恵子 第34回分子生物学会(2011)
  • 生命情報データベースの横断検索システム:Web-API サービスの開発
    牧口大旭、高橋順子、川崎恭実子、川本祥子、高木利久 第32回日本分子生物学会(2009)
  • キーワードと蛋白IDを用いた横断検索システム
    畠中秀樹、平井信一、大野忠、高橋順子、牧口大旭、奥村利幸、熊谷禎洋、八塚茂、川本祥子、西川哲夫、中村春木、高木利久 第32回日本分子生物学会(2009)
  • 統合型薬学情報ナビゲーションシステムの開発
    多門啓子、牧口大旭、荒木通啓、薮内弘昭、奥野恭史、金子周司 第129回日本薬学会(2009)
  • Development of Data Analysis Platform for Quantitative Proteomics
    Nakagawa H, Makiguchi H, Kawahara R, Sakai J, Kimura T,.The Pacific Symposium on Biocomputing 2009(2009)
  • Gene Ontology を用いたパスウェイの類似性計算方法の評価
    柳澤宏次、高井貴子、田中博 オミックス医療が拓く未来2008シンポジウム(2008)
  • 文科省「統合データベースプロジェクト」における生命科学データベース横断検索システムの開発
    牧口大旭、川原麗子、大野忠、奥村利幸、川本祥子、大久保公策、高木利久 第31回日本分子生物学会(2008)
  • シスエレメント予測支援システムCis-Finderの開発とゲノムネットデータ解析への応用
    大野忠、奥村利幸、池尾一穂、五條堀孝 第31回日本分子生物学会(2008)

※記載されている社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

バイオインフォマティクスに関するお問い合わせ

担当部門:バイオメディカル室 電話番号:03-6376-1291

お問い合わせ

 

line_blue
イベント・セミナーのご案内
line_blue
1/26(金)・大阪開催  三井情報 地域金融機関向け大阪セミナーのご案内  これから求められる自動化とは?-AI・RPAの有効活用-
line_blue
line_blue
2/2(金)・大阪開催  Box テクニカルセミナーのご案内  新機能やBox活用Tips、BoxJapanエンジニアによるAPI開発について
line_blue
2/23(金) テクマトリックス CRM Forum 2018 MKI出展及び講演のご案内  弊社講演 「(仮) AIで実現するリアルタイム音声認識・要約によるVoC活用」
line_blue
イベント・セミナー一覧
ページ上部へ