MKI Smart VoC Analytics Solution

CRM

MKI Voice Capture 機能仕様

◆ネットワークスイッチ上のモニタリング機能(SPAN)を使用して、音声データであるRTP(Real-Time Transport Protocol)パケットをキャプチャ(取得)します。
◆これにより、お客様とオペレータとの通話内容を非圧縮音声フォーマットであるWAV形式の音声ファイルとして特定ディレクトリに生成保管します。 *1,2,3
◆管理ツールでServerのステータス確認、操作ログの取得ができます。 *4
◆その他 オプション開発( CTI連携 等)により、お客様システム構成に対応致します。 *5

*1 音声ファイル名の書式標準は、日時_FromIPアドレス_ToIPアドレス.wav となります。
*2 保管ディレクトリのネットワーク共有により、利用ユーザ様で音声ファイルを管理します。
*3 保管は、ディスク容量の閾値(1.2TB)を超過した際に古いファイルから削除されます。
*4 管理ツールは、ユーザ管理により利用者登録が可能です。(ブラウザ:Internet Explorer 9以上)
*5 オプション開発には、別途費用が掛かります。

ハードウェア仕様

◆サイズ:ラック/1U 高さ:約44mm幅:約429mm /奥行き:約734mm
◆ネットワークインターフェース:1Gbps Ethernet(RJ-45)×4ポート
◆電源ユニット:2(冗長構成)、750W                                    
 ※ハードウェア仕様は予告なく変更される場合があります

提供モデル (オープン価格)

MKI Voice Capture 500
  同時キャプチャチャネル数最大500ch   
MKI Voice Capture 1000
  同時キャプチャチャネル数最大1,000ch 

MKI Smart VoC Analytics Solution に関するお問い合わせ

担当部門:金融・コンタクトセンター営業本部 電話番号:03-6376-1117

お問い合わせ

 

line_blue
イベント・セミナーのご案内
line_blue
1/26(金)・大阪開催  三井情報 地域金融機関向け大阪セミナーのご案内  これから求められる自動化とは?-AI・RPAの有効活用-
line_blue
line_blue
2/2(金)・大阪開催  Box テクニカルセミナーのご案内  新機能やBox活用Tips、BoxJapanエンジニアによるAPI開発について
line_blue
2/23(金) テクマトリックス CRM Forum 2018 MKI出展及び講演のご案内  弊社講演 「(仮) AIで実現するリアルタイム音声認識・要約によるVoC活用」
line_blue
イベント・セミナー一覧
ページ上部へ