アライアンスセンター

データセンター

お客様の重要ファイル等のデータを国内各地の安全なデータセンターに分散保管します。

DCCクラウドキャビネット(分散ファイル保管サービス)

お客様PC/サーバ上のファイルを特定のフォルダに入れるだけで、北は北海道から南は沖縄までの日本各地にある安全なデータセンターに自動保管するサービスです。暗号化・サイト分割保管技術により、1ヵ所のデータセンターが被災してもデータを完全復元できる耐災害性に優れるとともに、分散された1ヵ所のデータだけでは元の情報を類推させない高セキュリティを確保できます。

万全のセキュリティ!災害に強い!国産DC で安心。

サービスの特長

1. 国内アライアンス体制を活用し、データを分散保管

  • 免震・耐震設備や安定した電力供給能力といった耐災害性に優れた国内各地の信頼あるデータセンターで、安全性、セキュリティレベルの高い運用のもとお客様のデータを保管し、地域災害発生や電源供給問題発生時でもデータを安全に保管することができます。アライアンスを締結しているデータセンターを活用しサービスを提供いたします。
     

2. 暗号化・サイト分割保管技術(※)を活用

  • 暗号化・サイト分割保管技術を適用し、対象データの無意味化及びデータ分割を行った後、各データセンターへ1断片毎に分散保管します。これにより1断片単独では意味を持たない情報となり、万が一漏洩が発生しても元データを復元することはできません。また、1ヶ所のデータセンターが被災し機能しなくなった場合にも、残りのファイル分割片からデータ復元可能であるため、耐災害性に優れています。
  • 分割されたデータは各データセンターへ自動的に分散されます。特定のデータセンターへデータを集約させないため、特定地域災害時のリスクを軽減します。

    ※ファイルの分割片のみでは、元情報の類推を不可能にする"情報の無意味化"機能と、
     ファイルの分散片が不足してもファイルの復元を可能にする"冗長化"機能を持つ技術。
 

3. 短期間での導入とシンプルな操作

  • 専用ソフトウェアをPC/ファイルサーバへインストールするだけで利用可能となります。また、お客様がPC/サーバ上のフォルダにファイルを入れる操作でバックアップを行うことができます。
  • 本サービスの使用回線はインターネット回線となり、専用線やVPN等は必要ありません。

サービスメニュー

サービスメニューは下記となります。お客様のご用途に合わせて様々にお使いいただけます。

  1. クライアントPCタイプ(個人PC故障時のリストア対策、紛失時の漏えい防止) 
  2. ファイルサーバ利用(部門、プロジェクトでの共有ファイルサーバとしての活用)
  3. バックアップ利用(ファイルサーバのバックアップ用途、データベースの日次バックアップ)
  4. 企業間データ共有タイプ(企業間のファイル共有)

※記載されている社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

アライアンスセンター DCCクラウドキャビネットに関するお問い合わせ

担当部門:ソリューションセンター 電話番号:03-6376-1122

お問い合わせ

 

line_blue
イベント・セミナーのご案内
line_blue
1/26(金)・大阪開催  三井情報 地域金融機関向け大阪セミナーのご案内  これから求められる自動化とは?-AI・RPAの有効活用-
line_blue
line_blue
2/2(金)・大阪開催  Box テクニカルセミナーのご案内  新機能やBox活用Tips、BoxJapanエンジニアによるAPI開発について
line_blue
2/23(金) テクマトリックス CRM Forum 2018 MKI出展及び講演のご案内  弊社講演 「(仮) AIで実現するリアルタイム音声認識・要約によるVoC活用」
line_blue
イベント・セミナー一覧
ページ上部へ