東京西データセンター

データセンター

データセンター設備

<耐震構造>

  • RC造(地下ピット)/SRC造(地上)/基礎免震構造(建物免震)
  • 耐震構造グレードSランク(震度7に対しても躯体損傷が軽微)

<立地>

  • 東京都発表の「地域危険度調査」にてAAA評価(全ての項目で最も危険度が低いランク1)の場所に立地。
  • 海岸から離れ河川(仙川)からも遠く、津波・液状化のリスクが無い地域に立地。

<物理セキュリティ>

  • 監視カメラ
  • 入退室チェック(自動ドア、マントラップ、生体認証システム、カードキー(電気錠、建物/フロア)など)
  • 内部統制監査レポート
  • 防犯設備(敷地内の不審者監視、持込み物検査、共連れ防止、生体認証装置による成りすまし防止)

<受電設備>

  • 電力設備(異なる2か所の変電所からの本予備二回線受電による冗長化、66,000Vの特別高圧受電)
  • 非常用発電機(N+1の冗長構成、ディーゼルエンジン発電機(72時間相当))
  • UPS(N+1の冗長構成)

グリーンIT対応

省電力のラック空間設計、空調効率の向上

これまでのデータセンター設備の運営経験を生かし、空調機が送出する冷気の経路(コールドアイル)と、IT機器が排出する暖気(ホットアイル)の経路を区分けするラック配置、フロア内の空間設計により空調効率を向上。
さらに空冷パッケージ方式による空調機の採用で、空調の効率性を向上。

電気室における外気を利用した冷却方式(クールピット)の採用

 共通の電気設備室においては、外気を地中経由で取り込み室内冷房を行なっています。一般的なデータセンターでは、電気室用を冷やすために大量の電力を使用していますが、これらの電力を抑制することができます。

※PUEとは、データセンター(DC)全体の消費電力を、サーバーなどのIT機器の消費電力で割った値のこと。
 なお、DC全体の消費電力は、IT機器(サーバ/ストレージ/ネットワーク機器など)
  +その他設備(空調装置/電力設備/照明など)で構成されるため、計算式は以下となる。

  PUE=(IT機器の電力消費+その他設備の電力消費) ÷ (IT 機器の電力消費)

 例えば、IT機器の消費電力とその他設備の消費電力が1:1の場合、PUE=(1+1)÷1 ⇒2.0となる。

インターネット接続

インターネット接続

東京西データセンターのインターネット接続(バックボーン回線)は、高品質・大容量・低価格の回線の冗長構成により、お客様のニーズに合った環境をご提供します。

安定したインターネット接続

安定したインターネット接続

MKIデータセンターのインターネット接続(バックボーン回線)は、国内IX※における主要ISPとのピアリングと複数の大手ISPとのトランジット接続により、高速・大容量のインターネット環境を実現しています。お客様の国内拠点はもちろん、海外拠点へも快適なアクセスが可能です。

※IX: Internet eXchange インターネット接続事業者(ISP)などのネットワークの相互接続を目的とした、インターネットの相互接続点

安定と高信頼のネットワーク

東京西データセンターのインターネット接続(バックボーン回線)は複数経路で接続しておりますので、万一の障害時にも迂回路による通信が可能です。またデータセンター内のネットワークも冗長性に富んだ構成で、ハイクオリティ&ハイパフォーマンスを実現しています。

東京西データセンターに関するお問い合わせ

担当部門:ソリューションセンター 電話番号:03-6376-1122

お問い合わせ

 

line_blue
イベント・セミナーのご案内
line_blue
1/26(金)・大阪開催  三井情報 地域金融機関向け大阪セミナーのご案内  これから求められる自動化とは?-AI・RPAの有効活用-
line_blue
line_blue
2/2(金)・大阪開催  Box テクニカルセミナーのご案内  新機能やBox活用Tips、BoxJapanエンジニアによるAPI開発について
line_blue
2/23(金) テクマトリックス CRM Forum 2018 MKI出展及び講演のご案内  弊社講演 「(仮) AIで実現するリアルタイム音声認識・要約によるVoC活用」
line_blue
イベント・セミナー一覧
ページ上部へ