文書管理:イントラマート

クラウド

契約書の管理に利用

機密性の高い契約書管理において、セキュリティアップと業務の効率化を実現!

導入前の課題
原紙持ち出しによる情報漏洩・紛失の可能性
担当者が個人保管している場合が多い
手元にないので、内容確認したい場合は手間
他部門、他拠点での共有が出来ない
決裁処理に時間がかかり、進捗が把握できない
⇒電子化には手間とセキュリティが不安・・・
QuickBinderで課題を解決!
万が一漏洩してもファイルが開けないガード機能で安心
自動登録機能で大量の過去契約書をらくらく登録
全てブラウザだけで簡単操作
保管期限通知機能で、契約満了日を事前通知
ワークフロー化で見える化と早期決裁を実現

導入効果


    • セキュリティ対策大幅アップ(アクセスセキュリティや情報漏洩セキュリティ対策)
    • 業務効率アップ
    • 関連資料も一元管理・検索
    • 決裁早期化。見える化
    • 契約業務の進捗把握、承認履歴

通知・通達管理に利用

金融機関での通知・通達文書を迅速に周知徹底&規定文書の改版実施!

導入前の課題
最新の通知・通達の入手、伝達が迅速に出来ない
発行済みの通知・通達文書の検索が大変
情報伝達の遅れが販売機会損失に繋がっている
通知・通達などの改訂に伴う差し替え作業が必要
文書を印刷して配布しているのでコストと手間が発生


QuickBinderで課題を解決!
配信やポータル通知により文書の管理と通知を一元管理
通知・通達文書の未読・既読の把握が可能
決裁や親展文書などの高度なワークフロー処理業務を実現
規定文書への修正変更後すぐに公開が可能
ブラウザのみの直感的な操作画面で、店舗の担当者が用意に操作習得できる

導入効果

    • ペーパーレス化、コスト削減
    • 管理、改訂を本部で一元管理
    • 自動で公開用PDFが作成され、通知設定
      →「作成」「通知(公開)」「管理」が一元管理

図面管理に利用

CAD図面以外の関連文書や印刷された紙図面も含めた総合的な文書管理を実現!

導入前の課題
図面は原則紙ベースでの運用となっている。
-大きな図面のやり取りに時間とコストがかかる
-頻繁な改訂に迅速に対応できない
仕様書など、その他のデータと別管理のため、必要な情報が一元化されておらず、データ収集が手間
物理的に離れた場所での情報共有が迅速に出来ない
QuickBinderで課題を解決!
CADデータだけでなく、様々な関連文書を一元管理
直感的な操作で、現場担当者がすぐに検索可能
図面のイメージ表示や、関連文書を含む一括印刷(基幹システムとの連携も可能)
大量の過去図面や関連文書を自動登録・CADデータの承認にワークフローを活用
データには柔軟なアクセスセキュリティを設定可能

導入効果

    • 図面や関連情報を一元管理し、各担当者が権限に応じた情報をタイムリーに閲覧
    • 紙の情報も電子化し、図面などの破損、紛失のリスク軽減
    • 図面原本の保管場所も一元管理、検索可能
    • 最新図面への差し替えや配布が不要
    • 図面の保管や印刷のコスト削減、環境ISOにも貢献
       

※記載されている社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

文書管理:イントラマートに関するお問い合わせ

担当部門:ERP推進部 電話番号:03-6376-1115

お問い合わせ

 

line_blue
イベント・セミナーのご案内
line_blue
1/26(金)・大阪開催  三井情報 地域金融機関向け大阪セミナーのご案内  これから求められる自動化とは?-AI・RPAの有効活用-
line_blue
line_blue
2/2(金)・大阪開催  Box テクニカルセミナーのご案内  新機能やBox活用Tips、BoxJapanエンジニアによるAPI開発について
line_blue
2/23(金) テクマトリックス CRM Forum 2018 MKI出展及び講演のご案内  弊社講演 「(仮) AIで実現するリアルタイム音声認識・要約によるVoC活用」
line_blue
イベント・セミナー一覧
ページ上部へ