連結財務分析システム:連結≡CASTER

クラウド

連結≡CASTERの活用効果

  • 自己査定システムへの財務データの展開
  • 個別審査業務へのCASTER独自の分析結果の反映
  • CASTER独自の分析結果や財務データ、財務指標の格付システムへの展開
  • CASTER独自の分析結果や財務データ、財務指標の稟議システムへの展開
  • 信用リスクの計量化システムへの財務データの 展開
  • CASTER独自の分析結果や財務データ、財務指標の融資支援システムへの展開

複数の企業でグループを形成している場合、個別企業の財務分析だけでは不十分。グループ企業の経営データを迅速かつ正確に把握するためには連結財務データを使った財務分析が必須であります。

連結企業・グループ企業での企業の実態を把握

財務諸表分析は、大別して収益性分析・安全性分析・効率性分析・成長性分析に分類される。これらのうち、どの分析を用いるかは、利用者の目的により異なります。金融機関では安全・確実に融資が返済されるかという視点を重視することから安全性分析を重視するのに対し、投資家は投資リスクに対するリターン関係から収益性分析や成長性分析を重視します。よって、財務分析を行う際には、財務分析結果の利用者の視点を明確にし、その上で最適な分析を行うことが重要です。そして連結財務諸表分析は、単体企業ベースで財務分析を行うのではなく、企業集団ベースで分析する手法であります。

それら企業の実態を把握するための分析を網羅しているのが連結≡CASTERであります。

CASTERと併せての活用

企業財務分析は、単体決算書を基にするCASTERの個別財務分析と併せて、親会社が当該企業集団の財政状態及び経営成績を総合的に報告するために作成されるものである連結貸借対照、連結損益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書を基した連結CASTERの連結財務分析を使って財務分析することが重要です。

CASTERと併せての活用

連結財務分析システム:連結≡CASTERに関するお問い合わせ

担当部門:金融第一営業部 事業推進室 電話番号:03-6376-1114

お問い合わせ

関連リンク

 

line_blue
イベント・セミナーのご案内
line_blue
1/26(金)・大阪開催  三井情報 地域金融機関向け大阪セミナーのご案内  これから求められる自動化とは?-AI・RPAの有効活用-
line_blue
line_blue
2/2(金)・大阪開催  Box テクニカルセミナーのご案内  新機能やBox活用Tips、BoxJapanエンジニアによるAPI開発について
line_blue
2/23(金) テクマトリックス CRM Forum 2018 MKI出展及び講演のご案内  弊社講演 「(仮) AIで実現するリアルタイム音声認識・要約によるVoC活用」
line_blue
イベント・セミナー一覧
ページ上部へ