決算書等顧客情報 入力システム群

決算書や顧客情報の入力効率化 R-300T

基本機能

営業店で読み取った決算書イメージデータ(TIFFファイル)を、文字認識処理するシステムです。

  1. 営業店のスキャナーで読み取った決算書のイメージ・データ(TIFFファイル)を、本部でOCR解析処理します。
  2. R-300T(Reading-300Dpi・TIFF)システムはOCR決算書入力システムと連携し財務分析システムCASTERへより迅速でタイムリーな財務データ入力を可能にします。

連結決算対応 (オプション)

    連結財務データの入力機能はオプションとなります。
  

さまざまな決算書に対応 OCR決算書入力システム

基本機能

OCR決算書入力システムは、取引先財務諸表を東芝製・活字OCR(日本語テキストリーダ)で読取り、勘定科目を自動的に組替えることにより、財務分析CASTER入力データを効率良く作成するシステムです。

  1. 読取り対象は、手書き決算書を除く、「貸借対照表」「損益計算書」「利益処分計算書」「販管費明細」「製造原価明細」です。
    読取り対象外の帳票の入力は、本システムで提供するPC入力機能にて行います。
  2. 誤読や科目辞書未登録で自動紐付け不能な場合は、操作担当者が紐付けを指定します。
    ただし、翌期は紐付けの取引先別の学習機能により自動処理し、財務情報の品質向上と操作担当者の負担を軽減します。
  3. PC入力機能のみの提供も可能です。 

連結決算対応

    連結財務データの入力機能は基本機能に含まれております。
  

個人事業主 青色白色決算書 OCR機能

OCRを使用することで法人決算書と同様な効率的・正確な財務データ入力を可能にします。

  1. 入力された財務データは管理システムにて保有し、財務分析CASTERへ連係します。
  2. 入力様式は、会社情報、一般所得用決算書、農業所得用決算書、不動産所得用決算書、申告書Bに対応しています。
     

外部財務データ取込み機能

基本機能

EDINETを介して、上場企業の決算書データ(単体・連結)をCASTERに連携するシステムです。

  1. 科目への紐付けは、外部にて行うため、お客様の環境での作業は原則、不要となります。
    上場企業の財務データをファイルとして取り込みます。OCR文字解析により勘定科目・金額の誤読は発生しません。
  2. お客様へ提供する財務データは、CASTER科目情報が付与されます。
  3. お客様の補正作業はありませんが、お客様で設定している脚注項目の入力が必要となります。
  4. サービス導入にあたっては、EDINETデータ元である野村総合研究所とお客様とで提供サービスをご契約頂く必要があります。 財務データ提供手段やデータ件数は、お客様の環境に応じて対応できます。
     

連結決算対応 (オプション)

    連結財務データの入力機能はオプションとなります。

 

決算書等顧客情報 入力システム群に関するお問い合わせ

担当部門:金融・コンタクトセンター営業本部 電話番号:03-6376-1114

お問い合わせ

 

line_blue
イベント・セミナーのご案内
line_blue
1/26(金)・大阪開催  三井情報 地域金融機関向け大阪セミナーのご案内  これから求められる自動化とは?-AI・RPAの有効活用-
line_blue
line_blue
2/2(金)・大阪開催  Box テクニカルセミナーのご案内  新機能やBox活用Tips、BoxJapanエンジニアによるAPI開発について
line_blue
2/23(金) テクマトリックス CRM Forum 2018 MKI出展及び講演のご案内  弊社講演 「(仮) AIで実現するリアルタイム音声認識・要約によるVoC活用」
line_blue
イベント・セミナー一覧
ページ上部へ