事業計画策定支援システム:CIPS

金融機関等による中小企業支援・地域経済活性化のための現状の財務診断・経営診断に加え、将来の財務予測機能と事業計画策定・進捗管理機能を実現
~融資先ライフサイクルに応じたコンサルティング機能の強化に向けて~

CIPSとは

コンサルティング&コミュニケーションツールCIPSは、金融機関等の融資先や取引先の現状把握の財務診断・経営診断に加え、将来財務予測機能や事業計画策定と進捗管理までを行う機能を持つ、取引先のライフステージに合せたコンサルテーション活動を支援するシステムです。

取り巻く環境

金融機関の取引先である多くの中小企業を取り巻く経済環境は依然として厳しい状況が続いております。 金融機関においては、円滑な金融仲介機能を発揮するために、個々の顧客の財務状態・経営状況をきめ細かく把握し、適切な対応に努めることが求められています。 また、日本経済がデフレから脱却し、力強い成長を実現していくためには、各金融機関が事業性を適切に分析した上で、中小企業等、取引先の経営改善等に向けた取組を支援していくとともに、成長を目指す企業における新規の資金需要を掘り起こし、しっかりと融資を行っていくことが重要となっており、金融庁などの監督省庁が指導しています。(金融機関によるコンサルティング機能の発揮を一層定着させるため、金融機関が果たすべき役割を監督指針に反映(平成24年11月))

金融機関の課題

金融機関では、取引先に対する適切な経営改善に向けた取り組みを行うにあたり日々の多忙化、取り扱い商品の多様性等で必ずしも積極的に取り組めていない課題を抱えています。

  • 顧客への継続訪問ができていない
  • 顧客への訪問2回目で苦しくなり、3~4回目訪問で行き詰まる
  • 経営の中身が話できず、資金面に終始する
  • 取引先が金利重視で+αを評価してもらえない
  • 目先の目標達成に終始してしまう(お願いセールス)
  • 実権者面談のアポが取れない

課題解決に向けて

こうした課題の解決に向けて、CIPSは現状の財務診断・経営診断はもとより、シミュレーションによる財務予測から事業計画の策定、進捗管理までを実現します。この事により、融資先の経営環境に合わせた精度の高い提案、財務診断資料や経営改善計画といった各種資料の作成を可能にして、営業部門の提案活動をサポートします。

事業計画策定支援システム:CIPS

事業計画策定支援システム:CIPSに関するお問い合わせ

担当部門:金融・コンタクトセンター営業本部 電話番号:03-6376-1114

お問い合わせ

ページ上部へ