3ステップクラウドマイグレーションツール:CloudEndure

クラウド , AWS

CloudEndure導入の流れ

PoCを実施 CloudEndureの本格ご利用前に、お客様環境の一部を用いた検証を実施。
↓ 検証結果:OK  
CloudEndure本導入  

 

※移行元…オンプレ/仮想環境/IaaS(AWS・Azureなど)に対応
(サポート対象OSはWindowsServer2003/2008/2012及びRHEL/CentOSなどcommon Linux distributions)

ご利用手順(3STEPマイグレーション)

管理コンソールでの情報登録、移行元サーバへのエージェント導入、移行後の切り替えのシンプルな3STEPのプロセスで、様々な基盤環境からクラウドへのサーバ移行を実現。
また、非同期転送機能を活用することでディザスタリカバリ(DR)環境も構築・維持可能です。

ご利用手順

ご利用イメージ

ここでは、AWSにWindowsサーバを移行する場合を例にご説明します。

STEP1:情報登録

CloudEndureにログインし、移行先となるAWSアカウント情報(Access key ID、Secret access key)を紐づけます。

CloudEndure管理画面でAWSアカウントを紐づける

移行元サーバの種類(オンプレまたはAWSリージョンリストから選択)と、移行先サーバの種類(AWSリージョンリストから選択)を登録します。
レプリケーション(同期用)サーバについて、サブネットやセキュリティグループ、ローカルネットワーク情報を登録します。

CloudEndure管理画面でレプリケーションサーバの情報を登録する

STEP2:移行元サーバへのエージェント導入、同期開始

CloudEndure管理コンソールからエージェントインストーラーをダウンロードし、移行元サーバにコピーします。
移行元サーバ側でインストーラを起動すると、CloudEndureのIDとパスワードを聞かれますので入力します。認証が成功すると、移行元サーバからAWS上のレプリケーションサーバにデータ転送が開始されます。
エージェント導入の際、移行元サーバの再起動は不要です。

移行元サーバ側でCloudEndureアカウントを紐づける

CloudEndure管理コンソール画面で、エージェントをインストールしたサーバからAWS上のレプリケーションサーバへのデータ転送状況が一覧で確認できます。

CloudEndure管理コンソールでデータ転送状況を確認

STEP3:移行先環境作成(移行先サーバの立ち上げ)

CloudEndure管理コンソール画面で、移行先サーバとして起動したいインスタンスをクリックします。移行先サーバのサイズやサブネット、IP情報などを設定し、立上げます。

CloudEndure管理コンソールから、インスタンスを立上げ

提供ライセンス

Migrationライセンス 移行作業のためのライセンスです
(最低契約ライセンス数:25、サーバ1台につき1ライセンス)
DRライセンス DRサイト構築・維持のためのライセンスです
(最低契約ライセンス数:10、契約期間1年~)

  ※ライセンス費用についてはお問合せください。ライセンスご購入時に有償サポート契約が必須となります。

MKIのサポートサービス

メニュー 概要
PoC支援
(推奨、有償)
CloudEndureの評価環境構築/評価実行支援
 - マニュアル類の提供
 - PoCアカウントの発行
 - E-mailでの問合せ対応
AWSサービス販売 AWS EC2をはじめとしたAWSサービス及び、お問合せ対応等の各種メニューの販売
Microsoft クラウドライセンス販売 Azure、Office365等Microsoft社クラウド製品(サポート付き)の販売
(従量課金モデル、プリペイドモデル)

 

3ステップクラウドマイグレーションツール:CloudEndureに関するお問い合わせ

担当部門:ソリューションセンター 電話番号:03-6376-1122

お問い合わせ

 

line_blue
イベント・セミナーのご案内
line_blue
1/26(金)・大阪開催  三井情報 地域金融機関向け大阪セミナーのご案内  これから求められる自動化とは?-AI・RPAの有効活用-
line_blue
line_blue
2/2(金)・大阪開催  Box テクニカルセミナーのご案内  新機能やBox活用Tips、BoxJapanエンジニアによるAPI開発について
line_blue
2/23(金) テクマトリックス CRM Forum 2018 MKI出展及び講演のご案内  弊社講演 「(仮) AIで実現するリアルタイム音声認識・要約によるVoC活用」
line_blue
イベント・セミナー一覧
ページ上部へ