MKI 仮想化IT基盤 M-Model

企業における基幹業務系、情報管理系システムのITプラットフォームを
仮想化し、効率的なITリソース戦略を支援

企業の情報システム部門では、『そのときの業務ニーズに応じて最適なボリュームを用意したい』 、『コストコントロールしながら安定的なサービスを提供したい』との要望は、年々、高まっております。

しかしながら、結局、将来リソース予測による過剰なインフラを構築しておくか、サービスクオリティを犠牲にしてリソース不足がはっきりしてからインフラ増設をするか、コストとサービスの両立は、企業のIT戦略における大きな課題のひとつとなっております。

サーバ仮想化に代表される仮想化技術は、リソースの有効活用という点で、企業において大きな期待を持って、採用されつつあります。しかしながら、次第に、その意外に高いコスト、複雑な仮想化運用と技術スキル、安定運用面の懸念など、解決すべき課題も多いのが現実であります。

MKI三井情報では、コスト面、導入面、運用面を考慮し、ラック単位で最適化された仮想化環境である、『MKI仮想化IT基盤 M-Model』をご提供いたします。また、このM-Modelアーキテクチャと、仮想化運用支援ツール『VEstat』は、所有型、サービス提供型、ハイブリット型と3つの形態で、お客様のニーズにお応えいたします。

仮想化IT基盤

※記載されている社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

関連ソリューション

MKI 仮想化IT基盤 M-Modelに関するお問い合わせ

担当部門:クラウドサービス部 電話番号:03-6376-1280

お問い合わせ

ページ上部へ