SAP S/4HANAロードマップ策定支援サービス

三井情報のノウハウをフル活用し、お客様に合わせたロードマップを策定

2025年のSAP ERP6.0の保守サポート終了に伴い、最終的にSAP S/4HANAの移行が必要になります。しかしながら、お客様のSAPのシステム環境や課題によって、移行の方法やタイミングも異なります。三井情報は、SAP基幹システムにおけるバージョンアップ、Unicode対応、HANA化等のプロジェクト経験と、SAP S/4HANA先行検証のノウハウを活用し、お客様に合わせたロードマップ策定支援サービスを提供します。

 

サービス内容と特徴

最適な移行ステップ定義、PJスケジュール策定、コスト試算を実現

このサービスでは、SAP S/4HANA移行プロジェクトの開始および終了時期を明確にし、最適な移行ステップの定義、プロジェクトスケジュールの策定、コスト試算を行い、ロードマップを策定します。移行の費用対効果を定性、定量面で試算することで、お客様の移行実施の意思決定を支援します。

 

SAP ERPの導入、SAP S/4HANA等の最新技術への取り組み実績

三井情報は、グローバルにビジネスを展開している企業向けに、システム企画から運用保守までの業務、SAP ERP新規導入、バージョンアップ、HANA化およびグローバルロールアウトなど、長年にわたるSAPプロジェクトの実績があります。これらのプロジェクトは内外で評価され、いくつものSAP AWARDを受賞しています。また、SAP ERP6.0からHANAへのマイグレーション、SAP S/4HANA検証など最先端の技術にも積極的に取り組んでいます。これらの経験で培ったノウハウがこのサービスには活かされており、SAPユーザー企業の課題解決を支援しています。

 

ロードマップ策定支援サービスの進め方

3つのフェーズに分けて、ロードマップ策定支援サービスを提供します。

※S4/HANAの影響分析にはPanaya CloudQuality Suite™ を活用します。

関連資料ダウンロード

資料ダウンロード
【SAP S/4HANAへ ~検討すべき論点と実施までのアプローチ~】

SAP S/4HANAへの移行、マイグレーションを検討する上で、大きなポイントとなるのは以下の3点と考えます。

 ・定量的なメリットを説明できるか
 ・定性的な価値はどこにあるのか
 ・具体的な移行ステップ

本資料は、それぞれの論点を掘り下げ、移行プロジェクトを始めるための整理と社内合意形成を進める準備としてお役立ていただけます。

 ・S/4HANAの優位性をどう活用すべきか
 ・投資する価値をどう試算するのか
 ・導入効果を最大限に引き出す現実的な目標設定
 ・具体的なアプローチ手順をどう考えたらよいのか

また、移行の影響を考える上で重要な既存のテンプレート(アドオン)の検証結果も網羅しています。

※記載されている社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

SAP S/4HANAロードマップ策定支援サービスに関するお問い合わせ

担当部門:ERP推進部 電話番号:03-6376-1115

お問い合わせ

 

line_blue
イベント・セミナーのご案内
line_blue
2/24(金)  テクマトリックス CRM Forum 2017 MKI出展及び講演のご案内   弊社講演15:10/音声認識と感情認識が実現する「おもてなし」 」~顧客ロイヤルティを高める法則と実践
line_blue
3/2(木)~3/3(金)大阪開催 Cloud Days 関西2017 出展のご案内   AWSブースにてAWS認定ライブマイグレーションツール『CloudEndure』をデモを交えながらご紹介
line_blue
イベント・セミナー一覧
ページ上部へ