TOPページ > 企業情報 > 会社概要 > MKIのあゆみ > 三井情報開発の沿革

企業情報


三井情報開発の沿革

1967年 三井物産(株)の情報システム部門が(株)コンピュータシステムズサービスとして独立
(資本金5,000万円)
1970年 三井情報開発(株)に社名変更、三井系19社出資(資本金5億円)
1972年 シンクタンク事業に進出
1975年 理化学研究所より、「人工酵素による化学合成システムの開発」計画化研究を受託(バイオ調査研究を開始)
1983年 株式を三井物産(株)に集約
1986年 連結子会社エムケイアイソフトウェアサービス(株)を設立
1987年 米国法人MKI(U.S.A.),Inc.を設立
1988年 通商産業省「システム・インテグレータ企業」に登録・認定
1989年 情報化促進貢献企業として通商産業大臣より表彰
1991年 通商産業省 「システム監査企業台帳」に登録
1999年 第三者割当増資(資本金7億6,620万円)
2000年 プライバシーマーク認定事業者の資格取得
微生物ゲノム情報の解析を目的として、合弁会社(株)ザナジェンを設立
半導体関連ソフトウェア流通のASP事業を目的として、合弁会社(株)クレディストを設立
2001年 システム設計・開発分野において、ISO9001認証取得
東京証券取引所市場第二部に株式を上場(資本金15億3,120万円)
2002年 ISO9001認証を保守運用サービス分野へ拡大取得
中国浙江省杭州市に現地法人三井信息技術(杭州)有限公司を設立
2003年 全社規模で情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)適合性評価制度の認証を取得
2004年 環境マネジメントシステム(EMS)について、ISO14001適合審査に合格、認証を取得
2005年 (株)トパックスを連結子会社化
連結子会社MKIネットワーク・ソリューションズ(株)を設立
2006年 連結子会社(株)トパックスを吸収合併
 
ページ上部へ