TOPページ > 企業情報ニュース > 2009年 > 6月17日 新型インフルエンザ感染者発生のご連絡

ニュース


2009/06/17
三井情報株式会社

新型インフルエンザ感染者発生のご連絡

お客様 及び 関係者各位

 拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。さて、2009年6月16日、弊社社員1名が新型インフルエンザに感染したことが判明致しましたので、感染の状況及び弊社の対応方針についてご連絡申し上げます。
 弊社は、4月28日より新型インフルエンザ対策を実施して参りましたが、今後も細心の注意を払い状況把握に努め、関係機関と連携しつつ、外部への感染拡大防止に全力を挙げて取り組んで参ります。皆様には多大なるご心配とご迷惑をお掛けし、衷心よりお詫び申し上げます。

敬具

1) 感染者: 愛宕本社 社員1名(営業統括本部エリア営業部)

2) 感染経緯と現在の状況:

6月11日(木)
体調に変化は無く、通常通り業務に従事する。
6月12日(金)
午後より体調が優れないと感じ、病院にて受診。19時に帰宅。
6月13日(土)
 
6月14日(日)
熱が下がらず、自宅近辺の病院にて受診。
A型インフルエンザであると診察され、自宅にて休養。
6月15日(月)
自宅にて休養。
6月16日(火)
熱が下がらず、再度病院にて精密検査により新型インフルエンザ陽性と判明。
当該社員より上司経由にて当社担当役員へ連絡が入る。
6月17日(水)
現在、当該社員は自宅近辺の病院に入院中。
当該社員の熱は下がり、容体は安定し快方に向かう。

 

3) 弊社の対応方針について:
お客様ならびに従業員の人命と安全確保を最優先とし、以下のような対応方針と致します。

  • セミナーの開催、面談及び会食の自粛:
     ご訪問・ご来社を問わず、当該社員が関係する部署の従業員はお客様との面談及び会食を差し控えるべきと判断し、原則として自粛することと致します。やむを得ずお目にかかる必要がある場合には、現状を明確にご説明した上で、ご判断を仰ぐことと致します。電話やE メールによる業務は、通常通りに行います。
     自粛期間は、当該社員が新型インフルエンザに感染したと考えられる6月11日(木)から、感染の可能性や発症までの目安期間を勘案し、6月18日(木)までと致します。
  • 毎朝の検温実施:
     当該社員が関係する部署の従業員は毎朝検温することとし、不調を感じた場合には、保健所へ連絡し、その指示に従うこととします。また、出勤時のマスク着用、咳エチケット・うがい・手洗い・消毒などの基本的な感染防止対策を実施致します。
  • 接触度合いが高いと考えられる従業員への対応:
     当該社員に隣接する席の従業員については、体調不良者はおりませんが、確実な判断には日数を要するため、当該社員との接触日より7日間の自宅待機を命じ、緊密連絡を取りつつ、慎重に対応致します。

 

なお、何か御質問などございましたら、ご連絡下さるようお願い致します。

連絡先: 三井情報株式会社 総務部 総務室 岩本、木村
        TEL: 03-6376-1018

以 上

 

Adobe Acrobat Reader PDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。


掲載されているニュースリリース本文、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

 
ページ上部へ