TOPページ > 企業情報ニュース > 2017年 > 1月4日 2017年 三井情報株式会社 年頭のご挨拶

ニュース


2017/01/04
三井情報株式会社

2017年 三井情報株式会社 年頭のご挨拶

 明けましておめでとうございます。
 皆様方には平素より格別のご支援を賜り、心より御礼申し上げます。

 昨年は英国のEU離脱や米国大統領選挙など、下馬評を覆す「民意」が示され、次を見通す難しさを、まざまざと見せつけられた年でした。そうした混沌として先が見えない状況は今年も続いて行くことでしょう。だからこそ私達は、ムードに流されず責任感のある判断と行動をとることが求められています。

 世の中では「Digital Transformation」が叫ばれ、「IoT」や「AI」に関連するニュースが溢れています。しかし「それによって何を実現するのか」というグランドデザインに沿って、実効性の伴うサービス・ソリューションを提供出来なくてはなりません。元よりITは道具に過ぎませんが、IT業界のプロフェッショナルを標榜する以上、それによって実現される未来にも責任を負う…そのためには「知」=  KNOWLEDGEをベースにして、お客様の変革に貢献する新たなソリューションや、レベルの高い業務遂行の確立を目指して参りたいと思います。それが私達MKIグループが皆様により信頼頂ける企業となり、成長を果たすことに繋がると確信しております。

 今年はMKIグループの前身である旧三井情報開発の発足50周年、そして三井情報開発とネクストコムが合併し新生MKIとなって10周年を迎えます。この節目の年を次の時代への出発点にすべく、MKIグループの社会における存在意義を考えながら、多くの取引先の皆様と、未来に思いを馳せて行きたいと思います。

 無論、そのためにはクリアすべき課題も多々ありますが、世の中の変化に対応し、社員一人ひとりが知恵を絞り、新しい価値を生みだしながら、それらを克服して参りたいと存じます。

 志高く、知恵を駆使しながら、MKIグループを活気と一体感に溢れる魅力的な会社にし、皆様に喜んで頂けるITサービス企業として更なる進化を遂げるべく努力して参ります。本年も変わらぬご愛顧とご支援を賜りますようお願い申し上げますと共に、皆様方の益々のご発展とご健勝を祈念致します。

 

2017年1月4日

三井情報株式会社
代表取締役社長 社長執行役員
齋藤 正記

 
ページ上部へ