TOPページ > イベントニュース > 2010年 > 【2/5開催】 Hyper-V による基幹システム仮想化基盤構築セミナー

ニュース


2010/01/20
三井情報株式会社

2/5開催 マイクロソフト・@IT編集部主催
Hyper-V による基幹システム仮想化基盤構築セミナー

三井物産の大規模事例と企業内ITクラウド化への道筋
富士通・三井情報協賛

この度、弊社およびアイティメディア株式会社では、三井物産株式会社様のご協力により、多くの企業の皆様よりご要望をいただいておりました、三井物産株式会社様における Windows Server 2008R2 Hyper-V の導入事例を中心とした、「Hyper-V による、基幹システム仮想化構築セミナー」を開催させていただくことになりました。

本セミナーでは、Hyper-V を利用した国内最大規模の仮想化環境を実現した三井物産株式会社様をはじめ、導入を担当した弊社および富士通株式会社様にもご協力をいただき、各社の仮想化ソリューションを合わせてご紹介いただきます。

ぜひ、この機会にご参加頂き、「Windows Server 2008R2 Hype-V」を利用した、仮想環境への移行計画、さらには企業内ITクラウドまでをも見据えたプラットフォームの実現にお役立て頂ければと存じます。

開催概要

■日時 2010年2月5日(金)  13:30~17:10 (13:00より受付)
■会場 青山ダイヤモンドホール 1F ダイヤモンドルーム
〒107-0061 東京都港区北青山3-6-8 (地下鉄 表参道駅:B5 出口より直結)
■主催 マイクロソフト株式会社、アイティメディア株式会社 @ IT編集部
■協賛 富士通株式会社、三井情報株式会社
■対象 企業内で情報システム(主にプラットフォーム、インフラ)の企画、立案に携わる方
※本セミナーは、ユーザ企業様を対象に企画しておりますので、個人様及び競合他社様のお申し込みにつきましてはご遠慮ください。
■参加費  無料 事前登録制
■申込方法 お申し込み受付は終了しました。

プログラム

時    間 内    容
13:00 - 受付開始
13:30 - 13:35 ご挨拶  
@IT編集長 三木 泉 氏
13:35 - 14:25
Hyper-Vを用いた大規模仮想化基盤構築への取組み

全社システム基盤の全面的な仮想化により、環境変化に迅速に対応可能な全体最適IT基盤の構築を目指した取り組みについてご紹介します。
三井物産株式会社 IT推進部 副部長  黒田 晴彦 氏
14:25 - 15:15
企業の仮想化IT基盤を考える
   ~基盤の段階的なレベルアップと拡張性について~

サーバー仮想化を企業の共通IT基盤として導入検討している企業のIT部門の責任者に向けて、段階的な仮想化IT基盤の導入と成長する基盤への対処方法など、三井物産株式会社様へ実際に適用された事例を基に、現実的な考え方の一例をご紹介します。
三井情報株式会社 事業開発本部 チーフアーキテクト  養老 利紀
15:15 - 15:30 休憩
15:30 - 16:20
仮想化IT基盤構築を支える富士通のプロダクトと技術

当社では“富士通Hyper-V仮想化センター”を中心に、様々なお客様に対しHyper-Vを活用した仮想化基盤システムの導入に貢献しております。三井物産様を中心としたお客様事例から得たノウハウや、それらを支える豊富な製品や技術をご紹介します。
富士通株式会社 Hyper-V仮想化センター センター長  出海 修二 氏
16:20 - 17:10
基幹システムへの採用。
    そして、クラウドまで。マイクロソフト仮想化の進化とは?

三井物産様での導入をはじめ、すでに多くの企業で基幹システムに採用されているHyper-V。さらにHyper-V 2.0では高い信頼性とパフォーマンスを実現しました。なぜ基幹システムに採用されたのか?その根拠と、Hyper-Vおよび運用管理製品であるSystem Centerで実現するオンプレミスからクラウド環境までを見据えた次世代プラットフォームの全貌をご紹介します。
マイクロソフト株式会社 サーバープラットフォームビジネス本部 マネージャ
藤本 浩司 氏
 
※ プログラムの内容・講演者などは都合により予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。
 
ページ上部へ