TOPページ > イベントニュース > 2010年 > 【6/29開催】 第11回 ITmedia エグゼクティブフォーラム ~戦略的経営の第一歩はITプロジェクトの可視化から~

ニュース


2010/06/04
三井情報株式会社

6/29(火)開催
第11回 ITmedia エグゼクティブフォーラム
~戦略的経営の第一歩はITプロジェクトの可視化から~

三井情報 15:15~15:45 セッション2 講演
『ITポートフォリオ評価手法と2つのコンサル事例の紹介』 

ITmedia主催/マイクロソフト協賛による第11回 ITmedia エグゼクティブフォーラムでは、ITの投資判断だけでなく、事業計画全般にも応用し得る「プロジェクト・ポートフォリオ・マネジメント」に焦点を当て、各社の講演が予定されております。 弊社三井情報は、セッション2 『ITポートフォリオ評価手法と2つのコンサル事例の紹介』 にて講演いたします。

ぜひ、この機会にご参加頂き、弊社セッションへのお越しをお待ち申し上げております。

開催概要

■日時 2010年6月29日(火)  13:25~16:45 (13:00より受付)
■会場 ベルサール神田 2F ホール
〒101-0053 東京都千代田区神田美土代町7 住友不動産神田ビル
→ 地図はこちら
■主催 アイティメディア株式会社 ITmedia エグゼクティブ編集部
■協賛 マイクロソフト株式会社
■参加費  無料 事前登録制
■申込方法 お申込み受付は終了しました。
■お問合せ先 上記ご案内ページ内のアイティメディア株式会社 イベント運営事務局へ

プログラム

時    間 内    容
13:00 - 受付開始
13:25 - 13:30 ご挨拶  
アイティメディア株式会社
執行役員 ITインダストリー編集統括部長 浅井 英二 氏 
13:30 - 14:20
基調講演
『IT投資マネジメント─投資効果の最大化を目指して』


IT投資マネジメントとは、大規模かつ複雑化するITプロジェクトへの投資に関して、合意形成モデル、リアルオプション、戦略マップ、インタンジブルズ・マネジメントなどのさまざまな手法や概念を駆使し、IT投資による成果を最大化するための実践的なフレームワークです。


先進企業でのITマネジメント事例をもとに、IT投資による効果を最大化するための要因や手法について紹介します。
武蔵大学 経済学部教授 松島 桂樹 氏
14:20 - 15:00
セッション1
『IT投資価値を最大化するプロジェクトポートフォリオ管理の導入』



IT投資価値を最大化するためには、プロジェクトの起案から終結までライフサイクル全体を、企業戦略に応じて管理していく事が重要です。Microsoft Project Server 2010は、投資対効果の最も高いポートフォリオを選択して、継続してROIを測定し最大の投資対効果を実現していきます。
マイクロソフト株式会社 インフォメーションワーカービジネス本部
エグゼクティブプロダクトマネージャ, PMP 相場 宏二 氏
15:00 - 15:15 休憩
15:15 - 15:45
セッション2
『ITポートフォリオ評価手法と2つのコンサル事例の紹介』


KPIやROIによる個別IT案件の事前と事後の投資評価制度は大きな効果をあげてきましたが、限界もあります。個別評価だけでは、予算内でどんな案件を優先するか、IT資産全体をどう優良化するかは見えてきません。全社で比較してIT不良資産を排除する手法を2つのコンサル事例を交えて紹介します。


① IT資産の優良化(出口評価) - 稼働資産の低活用、機能重複などの問題を洗い出し、2~3年をかけて資産の組み換えを行い、全社のIT資産の優良化を実現します。


② IT投資の取捨選択(入口評価) - 「声の大きさ」で投資判断が歪まないように、投資基準や承認プロセスも整備します。マイクロソフトのPPMのシミュレ―ション・ワークフロー機能が活用できます。  
三井情報株式会社
総合研究所 代表プリンシパル 土屋 哲雄
15:45 - 16:15
セッション3
『先進事例から学ぶ、ITプロジェクト可視化の考え方』



CMMIやPMBOKが企業に浸透してきているにもかかわらず、相変わらずプロジェクトマネジメントに起因するITプロジェクトの失敗は後を立ちません。本セッションでは、プロジェクトマネジメント改善の3つのポイントに焦点をあてるとともに、先進企業がどのように課題をとらえ、どのようにITプロジェクトを可視化していったかを事例をベースに紹介します。
株式会社ユーフィット ソリューションコンサルティング部
部長 安井 正樹 氏
16:15 - 16:45
セッション4
『日本及び北米における先進PPM事例における、ITガバナンスの改善手法』


アビュータスソリューションズは、プロジェクトポートフォリオ管理(PPM)のお客様への導入を通じて、IT投資対効果の改善手法を提供してまいりました。まず初めに、我々が実際に手がけたプロジェクトポートフォリオ管理(PPM)の事例を通し、PPMの利点とその課題をご紹介させていただきたいと思います。


カナコードキャピタル社PPMの導入事例を通じて、PPMの導入によって全てのプロジェクトをどのように戦略に基づいたものに調整し、同時にガバナンスの改善、企業全体の可視性と大幅な生産性の向上を実現するかをご紹介致します。


最後に、皆様にPPMの導入成功を確実なものにする方法の最初のステップをいくつかご紹介させていただきたいと思います。
アビュータスソリューションズ株式会社
シニアパートナー マイケル・トレジャー 氏
 
※ プログラムの内容・講演者などは都合により予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。

関連ソリューション/サービス

 
ページ上部へ