TOPページ > イベントニュース > 2010年 > 【7/23開催】 IFRSによる業務プロセス改革のコンサルと実践セミナー

ニュース


2010/07/15
三井情報株式会社

7/23(金)開催
IFRSによる業務プロセス改革のコンサルと実践セミナー

IFRSで経営と業務プロセスはどのように変わるのか?
IFRS化を支えるSOA・BPM基盤のメリットとは?

国内の会計基準は来年度を目標にして、IFRS(国際財務報告基準)の差異を徐々になくすコンバージェンスを進めるために、既に様々な変革が施行されております。

IFRS導入は、経理、財務部門の会計業務への影響のみならず、それらに関係する企業の業務プロセス全体に大きく影響します。さらにIFRSは基礎概念を定義するフレームワークが未完成で、個別基準の改定も多く発生する可能性があるため、ムービングターゲットと呼ばれています。従って、企業では業務の見える化や効率化を実現し、業務変化や基準改定に向けた柔軟な対応が要求されます。

本セミナーでは、IFRS適用に向けて、経営や業務プロセスへの影響、システムへの影響と対応策をご説明するとともに、SOA(サービス指向アーキテクチャ)やBPM(ビジネスプロセス管理)基盤採用のメリットを、経営者、経営管理部門、経理部門、システム部門の皆様に向けて、わかりやすく解説致します。

ぜひ、この機会にご参加いただけますよう、心よりお待ち申し上げております。

開催概要

■日時 2010年 7月 23日(金) 15:00~17:00 受付開始14:30より
■会場 三井情報 愛宕本社 セミナールーム → 地図
〒105-6215 東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー14F 
■主催 三井情報株式会社
■協力 株式会社NTTデータビズインテグラル
■対象 経営者、経営管理部門、経理部門、システム部門の責任者およびご担当者の方
※本セミナーは、ユーザ企業様を対象に企画しておりますので、個人様及び競合他社様のお申し込みにつきましてはご遠慮ください。
■定員  100名
■参加費  無料 事前登録制
■申込方法 お申込み受付は終了いたしました。
■お問合せ先 三井情報株式会社
ビジネスソリューション事業本部 事業推進部 ERP推進室 世良
TEL : 03-6376-1123

プログラム

時    間 内    容
14:30 - 受付開始
15:00 - 15:15 IFRSで経営と業務プロセスの改革がなぜ加速されるか?

議論1 会計は道具であって目的ではない、従って会計が変わっても経営は不変
議論2 会計は経営評価の重要な物指しであり、会計が変われば経営も変わる


IFRS導入では2つの議論があります。コアビジネスへの集中と選択、間接部門の効率化、連結管理と評価体制の見直し、情報システムのムダ排除(ROIでなくROA評価)などの経営改革で将来キャッシュフローの増大をめざす「攻め」の企業には、IFRSは追い風になります。本セッションでは、IFRSが経営と情報システムに与える影響をご紹介致します。
三井情報株式会社
総合研究所 代表プリンシパル 土屋 哲雄
15:15 - 16:00 IFRSは業務プロセスのどの部分にどんな影響を与えるか?
IFRS基準の解説は多くありますが、具体的にどの業務プロセスがどう変わるのかイメージを掴むのが難しい状況です。本セッションでは、IFRSの影響を業務プロセスに落とし込んで可視化し、同時にシステムへどのような影響を与えるのかをご紹介致します。


① 全体像   購買、製造、販売の主要プロセスへのIFRSの影響
② IFRS基準 収益認識、固定資産、棚卸資産、リース、工事契約、無形資産など
三井情報株式会社
総合研究所 IFRSセンター長 公認会計士 高島 秀征
16:00 - 16:40 IFRS後も見据えたSOA・BPM・クラウド対応システム及び構築のポイント
IFRS対応に向けて、業務プロセス・ルールの見直しやシステムの再構築等、限られた時間の中で多くの作業が発生します。また、IFRS対応を契機とした投資にはプラスαの効果も求められています。特に、グループ会社群を連結・統合することによる、グループ経営の効率化、決算の早期化は最大の効果となります。


また、グループ会社のIFRS化を低コスト、短期間で構築するためのクラウド利用も大きな課題となります。本セッションでは、SOA・BPM・クラウドに対応した次世代ビジネスプラットフォーム「Biz∫(ビズインテグラル)」によるそれらの実現手段をご紹介致します。
株式会社NTTデータビズインテグラル
取締役 田中 秀明氏
16:40 - 17:00 2200社の導入実績。
業務変化への対応を支えるシステム共通基盤採用のメリット
システム共通基盤を採用することは、ビジネス変化への柔軟な対応だけでなく、グループ企業全体のIT投資の効率化などのメリットがあります。本セッションでは、SOA・BPM・クラウド対応の次世代ビジネスプラットフォーム「Biz∫」を支える基盤「intra-mart」と、長年商社子会社向けシステム導入を行ってきたMKIが提供できるサービスをご紹介致します。
三井情報株式会社
ビジネスソリューション事業本部 事業推進部 ERP推進室 リーダー 林 直道
 
※ プログラムの内容・講演者などは都合により予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。

関連サービス情報

 
ページ上部へ