TOPページ > イベントニュース > 2014年 > 【7/25開催】基幹システム導入後 進化セミナー ~ SAP ERPを真の経営に貢献するシステムへ ~

ニュース


2014/06/16
三井情報株式会社

7/25(金)SAPジャパン/Amazon 共催
基幹システム導入後 進化セミナー
~ SAP ERPを真の経営に貢献するシステムへ ~

予算管理業務・運用コスト最適化 編

三井情報は、来る7月25日(金)、SAPジャパン株式会社、アマゾン データ サービス ジャパン株式会社共催にて、『基幹システム導入後 進化セミナー ~ SAP ERPを真の経営に貢献するシステムへ ~』を開催いたします。

ERPは、一旦導入して終わりでなく、導入後の取組によって、その成果は大きく変わります。
ERPが単なる基幹システムの構築にとどまらず、経営に貢献するシステムに進化するには、その導入後の効率的活用方法が重要です。

本セミナーでは、計画立案や予算策定などの経営管理業務を支援するソリューションと、費用削減・導入期間の短縮等の効果をあげるパブリッククラウドを活用したソリューションを、ユーザ事例とデモンストレーションを含めながら紹介し、ERP導入後の活用方法を提案します。

皆様のご参加を、心よりお待ち申し上げております。

開催概要

■日時 2014年 7月 25日(金)  13:30~17:00予定
■会場 三井情報株式会社 愛宕本社 14Fセミナールーム → 地図
■主催 三井情報株式会社
■共催 SAPジャパン株式会社、アマゾンデータサービスジャパン株式会社
■協力 三井物産株式会社
■対象 経営企画部門、情報システム部門のご担当者様
※本セミナーは、一般企業様を対象に企画しておりますので、個人様及び競合他社様のお申し込みにつきましてはご遠慮下さい。
■参加費 無料 ※事前登録制
■お申し込み 受付は終了致しました。
■お問い合わせ先 三井情報株式会社
ERP推進部 ERP推進室 松田・内田
TEL : 03-6376-1115

プログラム

時間 講演内容
13:00 – 受付開始
13:30 – 13:50
(20分)
ご挨拶
ERP導入後 どう活用するか
講演者:三井情報株式会社
取締役 執行役員
中島  透 
13:50 – 14:35
(45分)
経営の意思決定に資するデータ活用の未来
          ~テクノロジーがリードするプロセス改革~
ERPを入れたけれど、経営判断に使うデータはマニュアルで作っていて大変、実績は取れれるようになったけど事前に着地点が知りたい、精度の高い予測値はどうすれば手に入るのか、経営層からの「もし○○だったら」の問いに答えるデータがどこにもない、といった経営管理上の課題は解決されないまま、というお客様の声をたびたび耳にします。本セッションでは、SAP ERP上のデータを活用しながら、ERPの横で一体となって稼働するSAPの経営管理ソリューションと、それらが目指すテクノロジー主導のプロセス改革について、導入事例やデモンストレーションを交えながらご紹介します。
講演者:SAPジャパン株式会社
ソリューション&イノベーション統括本部
シニアソリューションプリンシパル
高橋 正樹
14:35 – 15:20
(45分)
ユーザ事例
三井情報の社内システム
本セッションでは、三井情報が自社でSAP BPCとAWSを活用した事例をご紹介します。ベンダーとしての視点、ユーザとしての視点の双方から実際に利用してわかったこと、効果を最大にするノウハウ、導入で苦労したことなど、生の声をお伝えします。
講演者:三井情報株式会社
理事 役員補佐
神戸 信光
15:20 – 15:30 ~休憩~
15:30 – 16:15
(45分)
AWS 企業ユーザーグループE-JAWSのご紹介と活用状況
クラウドコンピューティング時代の幕が開け、クラウドをいかにビジネスに活用し、企業競争力を高めるかが、企業の重要な経営課題となっています。本セッションでは、昨年発足したAWSのユーザグループ「E-JAWS」のご紹介と、E-JAWSが実施したアンケートを元にAWSクラウドの活用状況とサービスをご紹介します。
講演者:Enterprise Japan AWS User Group 会長
三井物産株式会社 IT推進部 副部長
黒田 晴彦 様
16:15 – 17:00
(45分)
SAPインフラとしてのアマゾンクラウドの価値
         ~今から始めるSAP on AWS~
2011年にアマゾンクラウド上でのSAP本稼働が認められて3年。当初は検証・開発環境が主流だったSAP on AWSも本稼働事例が徐々に増え、アマゾンクラウドはSAPインフラ選択枠の一つとして確固たる地位を確立しました。本セッションでは、アマゾンクラウド上でのSAP稼働事例をご紹介し、SAP on AWSのメリット、導入の際の検討ポイントを解りやすくお伝えします。
講演者:アマゾンデータサービスジャパン株式会社
エコシステムソリューション部
パートナーソリューションアーキテクト
井上  和英

※ プログラムの内容・講演者などは都合により予告なく変更する場合があります。予めご了承ください。

講演者プロフィール

三井情報 中島  透 (写真 左)

1977年 三井物産入社
2003年 米国三井物産 SVP&CIO
2004年-2008年 三井物産トレードサービス 代表取締役社長
2008年-2012年 三井物産 IT推進部長
SAP ERPをベースとした新基幹システム  「MIRAI」を導入した。 
2011年 同社理事、ジャパンSAPユーザグループ(JSUG)会長就任
2012年 韓国三井物産 代表理事社長
2014年 三井情報 取締役執行役員 就任
ERPをはじめ、クラウド、データセンター、海外、新事業を統括している。

三井情報 神戸 信光 (写真 右)

1976年 三井物産入社
1987年-1995年 米国三井物産
1995年-2008年 三井物産 IT推進部
三井物産の基幹システム(ERP)導入プロジェクトを率いた。
同時に、同社グローバルネットワーク・サーバ等の基盤関連の運用管理も総合的に管理運営
2008年-現在 三井情報 理事・役員補佐
三井物産のERPシステム更新プロジェクトをライン長として推進
現在は、ERP関連の活動を技術側で統括している

 

関連リンク

 
ページ上部へ