ICTは何の略でしょうか?
答えは、「Information&Communication Technology」です。当初IT(Information Technology)と言われていましたが、通信(Communication)の重要性が認知されるに従い、ICTと言い直されるようになりました。

海外では、すでにITではなくICTの方が一般に定着した言葉になっています。日本では総務省が2006年にITからICTに言い方を変更しました。以前はパソコンや携帯電話など、一方から一方に情報を伝えるだけのツールでした。それが現在では従来通りの使われ方に加え、自分から多方向に向けて情報を発信することも普通になってきました。

例えば、話題になっているスマートフォン。使っている人も多いと思います。スマートフォンを利用するためには、さまざまな英知と技術が必要です。

現代の情報化社会は見えるところも見えないところもICTによって支えられています。
私たちMKIは、皆さんがより豊かな生活を送っていくためのICTを広く社会・経済に提供しています。