育児休業に必要な周囲の理解と協力

石黒:この座談会のメンバーに共通しているのは、みなさん子供がいて、仕事と育児を両立させている点ですね。私は出産後、1年4カ月、育児休業制度を利用して仕事に復帰しました。男性では利用者が少ないようですが、妻木さんもこの制度を利用したそうですね。

妻木:はい。私は1カ月半、利用しました。

石黒:育児休業制度を利用しようと思った理由は何だったのですか。

妻木:一つは新生児期の育児を十分に味わいたかったからです。もう一つは、自分も積極的に育児に参加して共働きの妻をサポートしたかったからです。

山本:男性社員が育休をとるときの職場の反応はどうでしたか。

妻木:申請には少し勇気が必要でしたが、上司や同僚のみなさんからは好意的に受け止めていただきました。共働きの人たちが多いことを考えると、男性が利用するケースはこれからもっと増えていくと思いますし、そうあってほしいですね。ところで復帰後のお二人の仕事は、以前と同じですか。

石黒:私は復帰後、所属部署は変わりましたが、仕事の内容は育児休業制度利用前と同じアプリケーション開発です。山本さんはどうですか。

山本:復帰後も営業ですが、仕事の担当を考慮していただき、一人で複数のお客様に対応する部署から全体で一つのお客様に対応する部署に異動しました。おかげで子どもの発熱といった緊急時にも対応ができています。

 

仕事への強い責任感と成長への高い意欲

妻木:私は育児休業制度を利用する際、周囲の方たちから快く了解をいただいたことで、MKIは社員のプライベートに関しても、とても理解のある会社だと改めて感じました。みなさんはMKIの社風についてどう思いますか。

山本:私は男女の区別なく、同じように仕事を任せてくれて、社員の成長を後押しするカルチャーを持った会社だと思います。現在、新入社員を育成するマンツーマンリーダーを務めていますが、育成制度だけではなく、部署内の全員で若手を育てていこうという姿勢を感じています。

妻木:周りで誰かが困っていれば手を差し伸べる助け合い精神も、MKIのよさですよね。

石黒:私の部署ではチームで進める仕事が多いのですが、チーム全体で成長するための取り組みを活発に行っています。たとえばチーム内の勉強会や仕事を振り返って問題点を修正するためのミーティングなども定期的に実施しています。

山本:各種の教育プログラムも充実していますし、全社員が着実に成長してキャリアアップしていくための環境は整っていると思います。

石黒:そうですね。部署によって違いはあると思いますが、MKIは社員同士の結束力が強く、共通の目標に向かって前進し、成長を続けている会社というイメージがあります。

妻木:確かに、MKIは社員を大切にする一方で、仕事はしっかり責任を持って遂行するメリハリのきいた会社だと思いますね。

 

MKIの企業価値を高めるために力を結集

山本:私は仕事に復帰後、効率的な時間の使い方を常に意識するようになりました。限られた時間内に仕事を終わらせてしっかり成果を出すために、自分の可能性を最大限に引き出すように心がけています。みなさんの仕事上のテーマは何ですか。

石黒:私のテーマは、やはりチーム全体のさらなる成長ですね。システム開発の現場では、連携のよいチームプレーが成功の鍵になります。今後もチームとしてのパフォーマンスを最大限に発揮して、いかに質の高い仕事ができるかという点を追求しながら、前向きにチャレンジしていきたいと思います。

妻木:私が所属するR&Dセンターのミッションは、グローバルな視点で最新の技術やソリューションの調査・検証などを行い、MKIのビジネスにつなげて企業価値を高めることにあります。前部署のERPソリューション部から異動してきてまだ半年ですが、最新技術の習得やスキルアップに全力で取り組んでいるところです。

石黒:MKIという大きなチームを活性化させるのは、社員一人ひとりの意欲・積極性だと思います。仕事もプライベートもますます充実させて、新しいステージに挑戦していきましょう。

三井情報は「くるみん」の認定を受けています。
「くるみんマーク」は「子育てサポート企業」として、
厚生労働大臣の認定を受けた企業の証です。

※内容は、取材当時のものです。