専門分野や年次に応じた独自のカリキュラムを用意し、専門スキル研修、階層別研修、ジョブローテーション、海外研修などと組み合わせてスキルを高めていくとともに、 業務経験を通して視野を広げ、プロフェッショナルを目指していきます。

新入社員研修

入社時4月から約3カ月間は「新入社員研修」の期間とし、以下のような研修を行っています。

■企業・事業理解

■ビジネスマインド・ビジネススキル基礎

ビジネススタンス、ビジネスマナー、ビジネスライティング、プレゼンテーションなど

■技術・営業基礎

企業と情報システム、システム開発、音声・データネットワーク、ビジネスの仕組みと営業、成果発表会など
※技術・営業基礎では、MKIでの将来的な活躍の基盤作りとして、広い範囲で基礎的な技術を学びます。

マンツーマンリーダー制度

マンツーマンリーダー制度とは、新入社員が配属後、職場や業務にスムーズに適応できるよう、新入社員一人につきマンツーマンリーダーを一人選任し、職場での指導やフォローを行う制度です。新入社員は配属後1年間、相談相手ともなるマンツーマンリーダーや先輩たちとともに業務を行い、育成計画に則った教育を受けます。
1年後には育成計画の成果を上長やマンツーマンリーダー、同期とともに振り返る機会があります。

新入社員フォローアップ研修

配属半年後を目処に個人・グループワークを中心とした新入社員フォローアップ研修を行います。
「仕事」を理解したうえでの研修は、新入社員研修とは一味違うものになるはずです。

配属後研修

配属後も役割に応じた階層別研修があります。「マネジメント」と「ロジカルシンキング」を柱とした研修により、心身ともに強いプロフェッショナルを目指します。