志望理由
長く働きたいと考えていた私にとって、長く安心して仕事ができる組織の土台がある会社という点が就職先選びのポイントでした。MKIは男女の垣根が低く、仕事も生活もバランスよく皆で楽しむ雰囲気があり、大きな魅力を感じました。
大学時代に熱中したこと
親の勧めもあって教育学部に進学しましたが、専攻を活かせる仕事をしてみたいという思いを持っていました。アルバイトなどを通じて積極的に色々な人と接したり、管弦楽団の先輩の考えや将来の夢を聴いたりして、自分の将来を模索していました。
お客様の期待に応えられているか

学生時代、ITに関する知識はありませんでしたが、ITはこれからの世の中にとって、必要不可欠な存在になっていくという思いはありました。そんなITの技術を身につけていくことで、長く働ける力を蓄えたいという思いから、入社当時はプログラマー、SEとしての知識やスキルを基礎から勉強していました。入社してしばらく経った頃に、当時はまだ珍しかった顧客管理、課金管理をWEBサイトで行うというプロジェクトに参加しました。
お客様の要望をヒアリングし、仕様を考えて、システムを構築していくというビジネスの流れを経験できたことで、大きな自信になりました。私は、プログラマーとして仕事をしているときから、仕様通りのプログラムが問題なく動作することより、お客様のご要望の本質と仕様/プログラムが合っているかを考え、場合によっては工夫を加えて提案し直すことで、お客様が本当にほしいシステムを実現させ、お客様の期待に応えていくことがやりがいでした。それが私たちの役割だと思っており、それは現在も変わっていません。

次代の新しいビジネスの土台づくりを進める

3年前、SEから営業部門へ異動しネットワークソリューションの営業を担当しています。所属部署では、通信回線でのつながりにくさを解消するためのWi-Fiで、大きく売上を伸ばしてきました。そのWi-Fiビジネスを軸に、ビジネスの多軸化/プレゼンスの向上にチームリーダーとして戦略的に取り組んでいます。IT業界は急速に変化しており、新たなサービスやシステムの構築が求められています。IT事業は「端末」「ネットワーク」「回線」「クラウド」に集約する可能性が高い状況にあり、これら全てを持てる唯一の事業体である、大手通信事業者が今後IT事業をリードしていくと考えられます。
通信事業のビジネスの種を見つけ出し、中長期ビジネスの土台形成を行っていくのが私の使命です。MKIでこの事業領域はまだ新しく、挑戦していくところに面白さがあります。

キャリアビジネス領域で、MKIが深く刺される新分野の開拓に挑戦しています。お客様の経営の数字を分析し、きっかけとなりそうなビジネスの種をいくつか見つけ出し、なんとかカタチにするために検討を重ねています。また今後機会があれば、マネージャの立場で会社の経営に関わることに挑戦できれば嬉しいと思っています。MKIで女性のマネージャは少ないですが、社風、制度、支援体制がしっかりとしているので、安心してチャレンジができます。スキルと実績が伴うマネージャになれればと考えています。

※内容は、取材当時のものです。