Contents

「攻めの情シス」に欠かせない今日から始めるクラウドファースト

今やシステム構築の際、クラウド環境ありきで考える「クラウドファースト」が定着し、クラウドを使うことが当たり前の時代になっています。ICT環境のあらゆるレイヤーが仮想化に向かって進んでいる中、システムインテグレーションビジネスの現場では、実際どこまで実現に至っているのでしょうか。MKIで仮想化技術の最前線で働く社員3名に現場の実感や最新の動向について語ってもらいました。

今や仮想化技術は大前提

編集 : それぞれのお仕事の中で仮想化をキーワードとしたビジネスはどこまで進んでいますか?

東條 : 私はパブリッククラウド*1ベースのソリューション提案を担当していますが、顧客層が中堅中小企業から大企業へと広がっていることを実感します。“自社内で運用するより堅牢だ”と、セキュリティ要件の厳しい医療系の研究センターや金融機関の事例も出てきていて、企業の意識は確実に変わってきていますね。

野崎 : 私は受託案件で仮想化基盤を提案・設計・構築する部署にいるのですが、当社が訪問している企業のほとんどは、すでに何らかの仮想化技術を導入していて、今では仮想化は大前提です。その上でさらに大きな仮想マシン環境の構築や、ミッションクリティカル*2な分野への適用が進んでいるというのが現状ですね。去年あたりからデータセンターの仮想化プロジェクトも登場し始めました。これは距離の離れたデータセンターのリソースを日常的に切り替えつつ適材適所で使おうというアプローチで、災害対策も兼ねたものです。

青木 : 私は顧客企業とプロジェクトチームを組んで、イノベーティブなICT環境を模索する部署に所属しています。仮想化をめぐる最近の傾向としては、次世代型プライベートクラウド*3構想があります。企業には諸般の事情からパブリッククラウドには置けないアプリケーションやデータもあるので、企業グループでプライベートクラウドを持って、そこを共同利用しようという考え方ですね。そこではリソースの標準化、ネットワーク仮想化、マルチテナント*4など、機能・性能的にはパブリッククラウドとほぼ同等のものが追求されています。企業をとりまく事業環境の変化が激しいため、迅速かつ柔軟に提供環境を調整できることが重要なのです。

  • *1 パブリッククラウド:広く一般ユーザーに対して提供されるクラウドコンピューティング環境を指す。特定ユーザーを対象とする「プライベートクラウド」との対比で用いられる。
  • *2 ミッションクリティカル:業務遂行に不可欠な要素のこと。政府・行政、交通・金融の基幹システムなど、24時間365日停止しないことが求められるシステムを「ミッションクリティカルシステム」という。
  • *3 プライベートクラウド:企業などが自社グループ内で利用するために構築したクラウドコンピューティング環境。
  • *4 マルチテナント:コンピューティングリソースなどを複数企業(ユーザー)で共有する方式。企業単体でインフラを用意するシングルテナントに比べ、リソースや運用コストを大幅低減できる。

やはりビジネススピード、柔軟性が違ってくる

編集 : コスト削減、システム柔軟性の向上など、仮想化技術のメリットはいくつかありますが、皆さんが日々のお仕事の中で実感される点は何ですか。

東條 : プロジェクトスピードが速くなったと思います。従来はシステムのサイジングに2週間、サーバなど機器の調達に1ヶ月などと、本番稼働までにいろいろ時間がかかる工程がありました。今は導入さえ決めていただければ、リソースはもう雲の向こう側にあるので、すぐにでもスタートしていただけます。これは企業の情報システム部門の方々にとっても、“攻めの姿勢”へと転じる上で重要だと思います。自社で一から構築するとなると、どうしても工数やコストがかかるため、受け身になりがちです。しかし、あらかじめ仮想化されたクラウドを利用するなら、気軽にやってみることができます。私のお客さまでも“攻めの情シス”を任じるところが増えましたし、私自身、1年間で担当できる案件がかなり多くなっています。

野崎 : 導入してからのシステム柔軟性も違ってきます。たとえば経理システムや給与システムなど、明確なピークタイムを持つシステムはその時期だけリソースを追加して処理性能を上げるといったことが簡単にできます。
 そして、どのお客さまでも設置スペースが大きく減っておられる印象です。中には、今までサーバの森のようだった室内がラック1本に、タワー型サーバ1台になるというケースもあります。外部のデータセンターを利用していれば、スペース減はそのままコストダウンに直結します。

青木 : 仮想化技術は、ICTがソフトウェア中心になることで、サーバやネットワークをソフトウェアの力で操作することができるのが大きいと思います。今までは、器の用意や、OSのインストール、ミドルウェアのインストール、ネットワークの接続などを、時間をかけて人間が実施していましたが、一部例外を除いて、ほぼ全てプログラムで自動化することが可能になっています。
 また、ソフトウェア化が進むと、機械学習で、システムが自ら賢く進化することができるかもしれません。たとえば、膨大なシステムログを自ら解析して、壊れやすいハードウェアの特徴を把握、ハードウェアがその兆候を示したら、ハードウェア上のサーバを他に移して、新しいハードウェアを発注する、というようなこともあらかじめプログラミングしておく未来が来るかもしれません。

ph

物理中心時代の考え方を捨てなければ

野崎 : ただし、課題もありますね。現状の仮想化システム設計はまだ物理中心時代のそれを引きずっていて、このままでは今後大きく広げていけないような気がします。データセンターAからデータセンターBへ仮想マシンを飛ばすことができても、データが変わらずデータセンターAにあるのなら、システムのパフォーマンスは大きく低下します。どうしても距離の制約を受けてしまうからです。仮想マシン、ホストマシン、ネットワーク、ストレージといった各構成要素の定義と関係を、将来的な成長をしっかり考慮した上で、もう一度考え直す必要があると思います。

東條 : システムを刷新するサイクルも、クラウドを前提にしたものに変えていく必要がありそうです。これまでは物理中心で減価償却を考えるから5年ごとにシステムリプレースを行ってきましたが、クラウドにすることで、5年というライフサイクルから解放されます。

野崎 : SaaSやIaaSを利用するお客さまの中には、“サービスとして利用して所有しないんだから、ハードウェア基盤に関しては契約期間内でもそちらの裁量でどんどん入れ替えてもらっていい”と言われる方もあります。

青木 : 運用する側は、うまくハードウェアを回転させながら収益を確保し続ける力が問われますね。

東條 : 現状のネットワーク回線価格も懸念事項の一つです。クラウド側は仮想化が進んでいて、テラバイト、ペタバイト級にデータが大きくなっても難なく扱えますが、企業側との回線接続がボトルネックになります。10テラバイトのデータを実用に堪えるレベルで送信しようとするとギガスピードのネットワーク回線が必要で、それには月額数十万円単位の回線費用が必要です。なかなかそこまではできないので、限定的にクラウドを利用せざるを得ないという場合もありますね。

進むブロック化、重要なのは“見極め力”

編集 : 今後、仮想化技術はどのように展開するとお考えですか。

東條 : 過去にグローバルベンダーのあるトップが、“最後は3つか4つのパブリッククラウドに集約されて、そこで世界中のシステムが動くようになる”と語っていましたが、10年たって本当にそういう時代がくるのではと思い始めています。

野崎 : 仮想化技術のブロック化というのは進むと思います。さまざまなベンダーが組み合わせ可能な標準化されたブロックを用意して、システムインテグレータがそれを顧客企業のニーズに合わせて組み上げて提供する。

東條 : 「グローバルベンダーが作成したブロックをうまく組み上げて、それで家を建てさせたらMKIは他社に無いかっこいいものを作るね」といわれるようになりたいですね。

野崎 : 私は個人的にデータの可用性という点に興味があるので、ストレージテクノロジーの進化に注目しています。仮想化技術を利用してタイプやベンダーが異なるストレージを論理的に束ねる、SDS(Software-Defined Storage)などのソリューションはおもしろいし、受け入れられていくのではないでしょうか。

青木 : パブリッククラウドの世界は進化を続けていて、今や最新鋭の技術、これから標準となるであろう技術はここから生まれています。
 これからシステムインテグレータにとって重要になってくるのは、このようなパブリッククラウドで培われている安定し優れたテクノロジーを見極める力と展開する力だと思います。どう利用するのが最善か、王道をきっちり理解しながらお客さまのニーズも酌み、可用性を担保できるソリューションを提供するというのが、われわれに課せられたミッションだと思います。

東條 : システムが物理的な形を持っていなくていいという傾向は、ますます進むと思います。私のお客さまでも、基幹業務システムをまるごとクラウドへ移行しようと検討されているところがありますし、当社自身もHPC(High Performance Computing)や需要予測など競争力あるソリューションのクラウド化を進めています。仮想化技術をキーワードに、お客さまのニーズに総合力で応えられるMKIをめざしていきたいですね。

三井情報株式会社 IT基盤サービス事業本部 データセンターサービス部 第一営業室 東條 高宏氏

三井情報株式会社
IT基盤サービス事業本部
データセンターサービス部 第一営業室
東條 高宏氏
MKIが開発したアプリケーションやグローバルベンダーのアプリケーションを、Amazon Web Service(AWS)基盤上にインテグレーションしてセールスする。

三井情報株式会社 クラウドサービス技術部 第二技術室 マネージャー 野崎 統久氏

三井情報株式会社
クラウドサービス技術部 第二技術室
マネージャー
野崎 統久氏
企業やインターネットサービスプロバイダー(ISP)向けに、サーバ層からネットワーク層までに至る仮想化技術ベースの基盤を提案、設計、構築して納める。

三井情報株式会社 R&D部 ITイノベーション室 プロジェクトマネ―ジャー 青木 賢太郎氏

三井情報株式会社
R&D部 ITイノベーション室
プロジェクトマネ―ジャー
青木 賢太郎氏
顧客企業やベンダーとともに、新しいICTの考え方、新しいアプローチを模索して構築する。ここで得られた知見を社内にフィードバックするのも重要な任務。