Contents

コラム  これからはネットワーク検証業務もオフショアで「MKIグローバルITOサービス」

2015年のASEAN共同体の設立を目前に控えて、経済活動の進展がめざましい東南アジア。中でもベトナムは、チャイナ・プラスワンとして大きく注目を集めています。MKIは、この国の安価で優秀なエンジニアリソースに着目、英国Harvey Nash Group PLC社のベトナム法人で、1,700名のエンジニアを擁するHarvey Nash Vietnam Ltdと提携、ネットワーク検証やソフトウェア開発を提供する「MKIグローバルITOサービス」を立ち上げました。

ベトナムの可能性に着目した「MKIグローバルITOサービス」

 「MKIグローバルITOサービス」は、MKIのICTノウハウとベトナムのエンジニアリソースを融合したサービスです。ベトナム・ホーチミン市のHarvey Nash Vietnam内に最新設備を誇るラボを設立、東京のMKI東中野先端技術センターのラボと緊密に連携した接続環境を作り上げました(図1)。オフショアポイントとしてソフトウェア開発のアウトソーシングが可能であるだけでなく、MKIのネットワーク検証や運用業務におけるノウハウを生かし、今注目のネットワーク仮想化技術 SDNや、モバイルアプリ開発に伴うWi-Fi技術検証が可能です。

最新検証環境利用とコストダウンの両立が可能

 本サービスは、ソフトウェア開発や自社システムおよびネットワーク検証のコストダウンを検討しているお客さま、ASEANをはじめとしてグローバル展開を加速させようとお考えのお客さまのために用意しました。
 2014年に開設したばかりですが、すでに4月より顧客利用が始まっており、このベトナムラボの活用は本格化しています。当社でも、CISCO Wi-Fi アクセスをベースとしたロケーションモバイルアプリを開発しました。自分の位置情報を確認できるMAP機能、クーポンを受け取れるCoupon機能、特定の位置に入るとおすすめ情報を受け取れるGeofence機能を有しており、美術館などの社会教育事業や小売業で幅広く活用可能です。
 「グローバルITOサービス」の主なサービスメニューは、上記のアプリ開発を始めとした「モバイルアプリケーション開発および検証」「ネットワーク検証」「SDNに関連した検証」「ソフトウェア開発」「グローバル対応ITヘルプデスク」などで、いずれもMKIビジネスアナリストチームが要件定義からプロジェクト運営までをトータルでサポートします。これからは、ソフトウェア開発のみならずネットワーク検証もオフショアで。「MKIグローバルITOサービス」が貴社のICT戦略を現実にします。

(図1)Wi-FiやSDN関連の検証・開発が可能な、MKIラボとHarvey Nash社ラボ[検証用ネットワーク全体概要]