Contents

新たな価値創造を目指しMKIは進化します。

三井情報株式会社  代表取締役社長  齋藤 正記

 私達三井情報株式会社は本年1月に上場廃止となり、三井物産が100%の株式を保有する完全子会社として再スタートを切りました。4月から新たな中期経営計画の下に新たなフェーズに入ります。
 ビジネスの世界でもモバイルやクラウドが当たり前となり、次々と新たなソリューションやサービスが生まれる現代社会においては、ITの利活用をより高度化し付加価値を創出することが求められています。MKIグループもお客様のご要望に基づき効率化のお手伝いをするだけでなく、「価値」とは何か、どうやって高めるのかを主体的に模索、提示していくことが求められています。
 これから私達が持つ様々な技術や経験をベースに、それらをバラバラに追求するのではなく有機的に組み合わせ、ソリューション化、サービス化していかなくてはなりません。その為には、様々な知見をお持ちの方々とのパートナーシップや多様なビジネス領域を持つ三井物産との連携がより重要になると思います。今回の完全子会社化の背景にはそうした意味合いも込められています。
 自らを磨きお客様やパートナーの皆様への価値提供を行いつつ、継続的に成長し、更に付加価値を増していく…グループ全体は無論のこと、社員其々がそうなれる会社をこれからも目指して参ります。

三井情報株式会社  代表取締役社長  齋藤 正記