Contents

編集部・守屋の編集後記

 皆さま、こんにちは。近年ICTを活用した教育が盛んですが、今号は「子どもを守り育てるICT」ということで2件事例をご紹介しました。そのうちの1件であるまちのてらこや保育園さんのきっずノートは、今まで子どもを「育てる」ために使われる教育現場のICTというよりは、「守る」ためにも使われるICTであり、ついに対象年齢が幼児まで広がった新しい取り組みと言えるのではないかと思います。
 今回取材を快く引き受けてくださったまちのてらこや保育園さんにお邪魔したわけですが、生後6カ月のお子さんから引き受けているということもあり、非常に賑やかで楽しく、新鮮な体験をさせていただきました。それと同時に、この子はお布団で寝かせようとすると泣いてしまうので、できるだけ抱っこで寝かしつける等、一人一人のお子さんの個性を把握し、適切に対応されている保育士の皆さんには頭が下がる思いでした。業界が違っても、プロとして働いている方のお話は刺激になります。誌面に載せられたのはごく一部ではありますが、皆さまの心に留まれば幸いです。