AWS、Azureへのサーバ移行をご検討中の企業様必見!大量サーバのクラウド移行を支援する

クラウドへのサーバ移行って大変だと思っていませんか??

  • 01

    長時間システムを
    止められない

  • 02

    サーバ台数が多くて
    1台1台監視できない

  • 03

    移行ツールに詳しい
    エンジニアがいない

CloudEndureならすべて解決できます!!

ダウンタイム大幅短縮!

1 ダウンタイム大幅短縮!

CloudEndureの強みは、システムの切り替えに伴うダウンタイムを大幅に短縮できること。移行元の更新差分をクラウド上のディスクイメージへ同期し続けるので、移行作業のデータコピーの際に長時間システムを停止する必要がありません。

複数サーバ一括管理!

2 複数サーバ一括管理!

CloudEndureでは、複数のサーバを管理コンソールで一括管理できるため、データの移行状況などのステータスをまとめて把握することが可能です。大規模システムなどのクラウド移行を阻む障壁となっていた「サーバ管理の手間・コスト」を最小限に抑えられます。

ツールの利用に専門知識は一切不要!!

3 ツールの利用に
専門知識は一切不要!!

CloudEndureであれば、クラウドへの移行がわずか3ステップで完結します。管理コンソールへの情報登録、移行元サーバへのAgent導入だけで非同期転送が開始され、同期が完了したら移行したい時にボタンをクリックするだけ!専門知識は一切必要ありません。

安心、充実のサポートで、お客様の不安を解消!!

  • AWS Azure GCP
    主要クラウド
    プラットフォーム
    に対応

    AWS、Azure、GCPなどの主要クラウドプラットフォームに対応。各プラットフォームの仕様に準じた保守・サポートを受けることができます。

  • 日本人によるQAサポート
    日本人による
    QAサポート

    「英語ばかりの海外製品は不安・・・」という方もご安心ください。クラウド移行前・移行中・移行後を問わず、いつでも日本人スタッフがサポートいたします。

  • DRサイトとして活用可能
    DRサイトとして
    活用可能

    本番環境サーバのディスクイメージを永続的にクラウドへ複製し、リアルタイムに同期させることが可能です。

お客様の声・参考事例

メーカー企業様

メーカー企業様

移行対象:100サーバ以上

従業員規模数千名の自社社内システムをAWSに移行するにあたり、サーバの停止時間やサーバ移行方法の難しさなどが課題となりました。
様々な移行ツールを探したのですが、CloudEndureが最も優れていると判断し、MKIのサポートを受けて利用しました。事前検証(POC)を通じて課題抽出し対応策を準備することで、数十台の移行が完了し、現在も作業を継続しています。特に、クリティカルなシステムなど、移行対象サーバの何割かはCloudEndureを使わないと移行ができないものでした。CloudEndureを使って、分かりやすいUIによる使いやすさ、データ非同期転送機能による確実な移行、そして移行作業にかかるSEの負担軽減などの効果を明らかに実感しています。

バイオ関連Eコマースサイト

バイオ関連Eコマースサイト

移行対象:41サーバ、8TBデータ

数百万種に及ぶ研究・実験用の生物標本を販売するEコマースサイトの移行にあたり、私たちにはいくつかの移行要件がありました。
まずは、サイト停止期間を最小限に抑えること、短期間で移行を完了させること。そして、常に更新されるサイト上の情報に関しては、移行の完了まで継続的に移行先へのデータ転送をかけることです。
CloudEndureは、上記の要件をすべて満たしてくれる移行ツールです。サイトの停止期間を最小限に抑え、切替作業に関しても24時間以内に終えることができました。

公認会計事務所様

公認会計事務所様

移行対象:58アプリケーション、約100GBデータ

利用していたデータセンターの閉鎖に伴い、早急にアプリケーションを移行する必要がありました。そのための猶予期間は3週間。しかも納税申告所の時期で、データ内のアプリケーションには常にスタッフがアクセスしているため、システム停止は厳しい状況でした。
「システムを停止せずに、迅速にデータやアプリケーションを移行したい」と考え、選定したのがCloudEndureです。システム停止期間を最小限に抑えて、AWSに移行することができました。移行作業に関しては、予定よりも1週間ほど前倒しで完了。ログイン情報、キャッシュ等を含んだRAWデータを移行したことで、シームレスなシステムの切り替えが実現できました。

※上記はあくまで例であり、実現を保証するものではありません。

他社移行ツールとの違い

比較
対照
CloudEndure 他社移行ツール
ダウン
タイム

システム停止期間が短く、
ほぼシームレスに移行できる!

システム停止時間が長い

作業工数
(移行状況の管理等)

進捗状況の監視が
一覧で把握できる!

×

サーバ1台ごとにログインする必要あり。
エラー発生時は最初からやり直し。

難易度

GUIに沿って設定するだけで
専門知識は一切不要!

コマンドによる操作が
必要なケースが多い

その他

AWS、Azure、GCP
への移行が可能

移行先として選択できる
プラットフォームが限定的

つまり、CloudEndureを選べば…サーバ切り替え時のダウンタイムがほぼに!さらに、データコピー時のSE立会時間や切替などの作業工数を削減!

MKIならではの充実のサポートサービス

  • PoC支援サービス(推奨、有償)

    マニュアル類の提供、PoCアカウントの発行、E-mailでの問い合わせ対応を通じて、CloudEndureの評価環境構築、評価実行支援を行います。

  • 移行支援サービス

    CloudEndureを用いて、お客様サーバ環境からクラウドへの移行を支援いたします。

    ※支援対象はサーバのみ。ミドルウェア・アプリケーションの動作保証はサービス対象外です。

  • AWSサービス販売

    AWS EC2をはじめとしたAWSサービス、お問い合わせ対応等の各種メニューを販売いたします。

  • Microsoftクラウドライセンス販売

    Azure、Office365等のMicrosoft社クラウドサービス(サポート付き)を販売いたします。

よくあるご質問

移行ライセンスの数は何ライセンスから契約可能でしょうか?
移行ライセンスのご契約数は25ライセンス~となります。
クラウドからクラウドへの移行もできますか?
可能です。
CloudEndureは、オンプレからクラウドへの移行だけでなく、クラウド間での移行、サーバの複製といった用途 でもご利用いただけます。
万が一に備えて、DRサイトの構築を考えています。相談できますか?
どうぞお気軽にご相談ください。
CloudEndureは、DRサイトの構築にも最適な移行支援ツールです。本番環境サーバから永続的にクラウドへディ スクイメージを転送し、同期し続けることで、簡単にDR環境を構築・維持することができます。
BCP(事業継続計画)の一環としてぜひご活用ください。
CloudEndureを使った移行検証を手伝ってもらえますか?
クラウドへの移行検証(PoC)支援もお任せください。
マニュアル類を提供するほか、E-mailでのお問い合わせにも対応いたします。
また、下記のサポートも可能です(別途お見積)。詳しくはお問い合わせください。
  • ・計画&設計レビュー(1回もしくは2回の打ち合わせを想定)
  • ・ハンズオン導入(Agent導入時とレプリカ作成時の2回の訪問を想定)
  • ・移行ステータス確認
サーバの台数が多く、移行中の状況監視が難しいのですが・・・。
問題ありません。
CloudEndureでは、Agentをインストールしたサーバをすべて管理コンソールで一括管理できるため、データの移行状況、移行が正常に完了したかどうかのステータスをまとめて把握することが可能です。
導入実績について教えてください。
現在、CloudEndureは業種を問わず、大規模システムを利用している企業様(IT、製造、食品など)に採用されています。導入実績について、詳しくはお問い合わせください。
MKI(三井情報株式会社)って、どんな会社ですか?
MKIは、システム・プラットフォームインテグレーションを提供している企業です(三井物産100%子会社)。また、マルチクラウドベンダーとして様々なクラウド商品を取り扱っています。インフラからアプリケーションまで、お客様の情報コミュニケーションをトータルに支援いたしますので、どのようなことでもお気軽にご相談ください。