TOPページ > 製品・サービスニュース > 2007年 > IBM Websphere Transformation Extender Ver8.1 リリース

ニュース


2007/10/22
三井情報株式会社

IBM Websphere Transformation Extender Ver8.1 リリース

MKI三井情報では、より機能拡張された新バージョンの取扱開始しております。

Release 8.1では、IBMブランドとして、WebSphere TXプロダクトの機能がさらに拡張され、使いやすくなりました。新しい機能や拡張された機能概要は以下のとおりです。


--------------------------------------------------------
■ 遠隔稼動のWindows、UNIX、Linux、z/OS(USS)上変換処理をDesign Studioにてデバッグ可能。
■ 拡張されたマッププロファイラにより、データ変換プロセス全体のパフォーマンスを一目で確認。
■ 新しい関数の追加 (XML関数など)。
■ WebSphere TX拡張、c/c++ユーザ定義関数の呼び出しが容易に。
■ 多言語対応 (Unicode4.0サポートするICU3.2.1使用)。
■ さらにユーザインタフェースが使いやすく。
--------------------------------------------------------


詳しくはこちらをご覧ください。



Websphere Transformation Extender (旧DataStageTX) とは
--------------------------------------------------------------------------
日本国内100社130サイト、世界で1,200社の導入実績を誇る高い生産性と実績に支えられた強力なEAI データインテグレーションソリューションツールです。 高度なデータ変換を行なう強力なエンジンを中核とし、データインテグレーションで要求される機能・アダプタ、ワークフロー定義機能をフル装備。コーディング不要で企業が必要とするあらあゆるデータインテグレーションのニーズに迅速かつ低コストで対応します。
→ Websphere TX   MKIブランドサイト http://dstx.mki.jp/

※記載されている社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
 
ページ上部へ