TOPページ > 製品・サービスニュース > 2007年 > 10月30日 Webアプリ、ネットワークの脆弱性を検査する『脆弱性検査サービス』開始(MKInet)

ニュース


ニュースリリース
2007/10/30
MKI ネットワーク・ソリューションズ株式会社

Webアプリケーション、ネットワークの脆弱性を検査する
『脆弱性検査サービス』開始のお知らせ

~専門ノウハウを実装した検査ツールによる
Webアプリケーションとネットワーク基盤の網羅的な検査を短期間で実施~

 MKI ネットワーク・ソリューションズ株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社長:渡辺卓弥、以下MKInet)は、企業におけるWebアプリケーションやネットワーク基盤の脆弱性を検査する『脆弱性検査サービス』を開始しました。
 企業運営におけるWebアプリケーションやネットワーク基盤(DB、OS、ミドルウェア等)の位置づけは、顧客獲得や事業運営の効率化、既存情報資産との連動に伴い、更に重要性が向上しています。
 このような状況において、オーダーメイドで構築・構成されたWebアプリケーションやネットワーク基盤が、物理面とシステム面との両方で安全であることが求められます。物理面のセキュリティに関しては、データセンターでの運営などで対応できますが、システム面のセキュリティを確保するためには、Webアプリケーションのバグなどによる情報漏洩やシステム破壊などのリスクを回避すべく、様々なケースを想定した脆弱性のテストが必要です。

 MKInetの「脆弱性検査サービス」は、専門ノウハウを実装した検査ツールを用いて行う『Webアプリケーション検査』と『ネットワーク脆弱性検出検査』により、Webアプリケーションやネットワーク基盤に対して、網羅的な検査を実施します。

主なサービスの内容は以下となります。

○ Webアプリケーション検査サービス

  • SQLインジェクション等の代表的な問題を高スピードで検査
  • 実装、構成の段階で生じる問題を重点調査
  • 専門ノウハウを実装した検査ツールによる検査

 

○ ネットワーク脆弱性検出検査

  • 高速な検査作業を実現
  • 米国eEye社のRetina脆弱性検査スキャナーを用いた高速検査
  • 検査方法に独自の工夫を施し、高速化を実現
  • 1日約30IPアドレスの処理スピード

 

■ MKI ネットワーク・ソリューションズ株式会社について
MKIネットワーク・ソリューションズ株式会社(MKInet)は、三井情報株式会社(MKI)と、三井物産セキュアディレション株式会社(MBSD)の共同出資によって、2005年12月に設立されました。
Beyond iDC! ~挑戦者として、創造者として、データセンターの価値を我々が変えていく~をテーマに、高品質で付加価値の高いITマネジメントサービスを提供することによって、顧客のビジネスに貢献するデータセンターを目指しています。URL:http://www.mki-net.co.jp

■ 本プレスリリースに関するお問合わせ先
MKIネットワーク・ソリューションズ株式会社
Web・マーケティング部 飯島・二村
TEL:03-3227-5744(代表)
E-mail:info@mki-net.co.jp

※記載の商品名、社名等は、各社の商標または登録商標です。

 

Adobe Acrobat Reader PDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。


掲載されているニュースリリース本文、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

 
ページ上部へ