TOPページ > 製品・サービスニュース > 2008年 > 6月13日 次世代認証基盤ソリューション『MKI Diameter Suiteプロトタイプ版』の無償ダウンロードを開始

ニュース


2008/06/13
三井情報株式会社

次世代認証基盤ソリューション
『MKI Diameter Suiteプロトタイプ版』の無償ダウンロードを開始

本日より、MKIホームページにて次世代のDiameter認証プロトコルを実装した「MKI Diameter Suite プロトタイプ版」の無償ダウンロードを開始いたします。

MKIでは、現在まで1,800を超える導入実績を持つNXC RADIUS認証基盤ソリューション(当社開発製品NextCom RADIUSを中心としたネットワーク認証基盤)の次世代認証基盤ソリューションの研究開発を行ってきましたが、その成果として本日より「MKI Diameter Suite プロトタイプ版」の公開をいたします。

【RADIUS(Remote Authentication Dial In User Service)認証基盤について】
日本におけるRADIUS認証基盤は、1993年頃から存在した個人向けのインターネット接続サービス(ISP)のダイヤルアップ接続時の認証や課金に利用されていましたが、その後、企業内のネットワーク接続時の認証や、ADSL、CATV、光のインターネット接続、無線LAN接続、携帯電話のネットワーク接続など、ネットワークに接続する際の全てにおいて、幅広く利用されています。当社のRADIUS認証基盤は、その中でも1,800を超える導入実績を持っています。

【Diameter認証基盤について】
Diameter認証基盤は、幅広く利用されているRADIUS認証基盤と下位互換を保ちながら、その欠点を補い、更なる「信頼性」と「拡張性」を目的として考案された認証基盤です。近年開始されているIP電話や次世代ネットワークサービスなど全ての接続時の認証において利用されることを前提としており、IMS(IP Multimedia Subsystem)や今後のWiMAX(Worldwide Interoperability for Microwave Access)ネットワーク・インフラ・ソリューションの主要構成部品として展開が期待されています。

この度公開する「MKI Diameter Suite プロトタイプ版」のモジュール群は以下の通りです。

1. Diameterサーバ
Diameter認証基盤の認証を行うサーバモジュールです。RADIUS認証基盤よりも更なる「信頼性」と「拡張性」を提供します。

2. Diameterトランスレーションエージェント
RADIUS認証基盤とDiameter認証基盤の変換を行うサーバモジュールです。RADIUS認証基盤との下位互換を提供します。

3. Diameterクライアント簡易テストツール
Diameter認証基盤のテストを行うDiameterクライアントモジュールです。Diameter認証基盤の動作確認テストを提供します。

イメージ図


詳細および無料ダウンロードについては、下記サイトをご参照ください。
http://www.mki.jp/diameter/

 

【本件に関するお問い合わせ先】
三井情報株式会社 経営企画部 広報・IRグループ 酒井
TEL:03-5847-6037、FAX:03-5641-9031、e-mail:press@ml.mki.co.jp

※三井情報、MKI、及びロゴは三井情報株式会社の商標または登録商標です。
※本リリースに記載されているその他の社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

 

Adobe Acrobat Reader PDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。


掲載されているニュースリリース本文、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

 
ページ上部へ