TOPページ > 製品・サービスニュース > 2009年 > Smart SOA 用の汎用データ変換および検証エンジン「Websphere Transformation Extender Ver.8.2 」 バージョンアップコンサルティング提供開始

ニュース


2009/06/23
三井情報株式会社

Websphere Transformation Extender Ver.8.2
バージョンアップコンサルティングサービスを提供開始

Smart SOA 用の汎用データ変換および検証エンジン
Enterprise Service Bus (ESB) 、Business Process Management (BPM) ソリューションを拡張

Websphere Transformation Extender (Websphere TX)は、Smart SOA 用の汎用データ変換および検証エンジンです。企業のビジネス・システムの統合という最も重大な課題の1つに取り組むことによって、IT の機敏性によってビジネスの機敏性を実現するよう設計されています。

Websphere Transformation Extender では、コーディングを行わないグラフィカル開発手法を使用して、形式が大型で複雑なフォーマットの大量の文書に対して、変換とコンテンツ検証を行います。

今回のバージョンアップ V.8.2 の概要は以下です。

      • ESB および BPM サーバ用のエクステンダーである Websphere TX  for Integration Servers を追加。
      • Design Studio は、新しい Type Designer と Map Designer ツールを使用して Eclipse 標準を採用。
      • 保険および金融サービスのメッセージ標準用に業界パックが利用可能。
      • WebSphere アダプターの採用により、接続性を強化、Linux for System z および許容モードでは一部の 64 ビット・プラットフォームで使用可能。


バージョンアップコンサルティング

サーバのサイジング等のインフラリソース、アドオン部分の互換性等、数々の考慮点がありますが、各々の企業に応じたアプローチを取ることが必要となります。日々動いている基幹系業務に影響を与えずスムースに新バージョンへ移行するそのために充分な見通しを持って計画立案・予算化することが重要です。

MKI三井情報では、10年間における製品サービスのノウハウを活かし、システムの効率化とコスト削減のお手伝いをさせて頂きます。

 
ページ上部へ