TOPページ > 製品・サービスニュース > 2010年 > 2月12日 Smart SOA 用の汎用データ変換および検証エンジン「Websphere TX Ver.8.3 」バージョンアップコンサル提供開始

ニュース


2010/02/12
三井情報株式会社

Websphere Transformation Extender Ver.8.3
バージョンアップコンサルティングサービスを提供開始

Smart SOA 用の汎用データ変換および検証エンジン
WebSphere 製品群とのアダプターが更に追加され、統合する機能が拡張

Websphere Transformation Extender (Websphere TX)は、Smart SOA 用の汎用データ変換および検証エンジンです。企業のビジネス・システムの統合という最も重大な課題の1つに取り組むことによって、IT の機敏性によってビジネスの機敏性を実現するよう設計されています。

Websphere Transformation Extender では、コーディングを行わないグラフィカル開発手法を使用して、形式が大型で複雑なフォーマットの大量の文書に対して、変換とコンテンツ検証を行います。

今回のバージョンアップ V.8.3 の概要は以下です。

      • 大容量ファイル・サポートの拡張
      • 大容量メタデータ・サポートの拡張
      • 新しい xmllib 機能のトレース機能
      • z/OS XML エラー・レポート作成の向上
      • XML Schema が欠落している場合のエラー・メッセージの向上
      • WebSphere ESB、Process Server 向けWebSphere TX プリミティブ
      • WebSphere Message Broker の統合機能の拡張
      • Design Studio にSoftware Development Kit(SDK)組込み
      • Design Studio にブックマークおよびタスク追加


バージョンアップコンサルティング

サーバのサイジング等のインフラリソース、アドオン部分の互換性等、数々の考慮点がありますが、各々の企業に応じたアプローチを取ることが必要となります。日々動いている基幹系業務に影響を与えずスムースに新バージョンへ移行するそのために充分な見通しを持って計画立案・予算化することが重要です。

MKI三井情報では、10年間における製品サービスのノウハウを活かし、システムの効率化とコスト削減のお手伝いをさせて頂きます。

 
ページ上部へ