TOPページ > 製品・サービスニュース > 2010年 > 6月3日 MKI、仮想化IT基盤可視化ツール「VEstat」Free Edition の提供を開始

ニュース


2010/06/03
三井情報株式会社

MKI、仮想化IT基盤可視化ツール
「VEstat」Free Edition の提供を開始

 MKIではMicrosoft Windows Server 2008 R2の仮想化技術であるHyper-Vを活用した「仮想化IT基盤M-Model」の提供開始を2009年11月にニュースリリースにて発表致しました。M-Modelはラック単位で最適化された仮想化環境を提供する為、基本設計に要するコストや導入・運用時の負担等を軽減し、システムの拡張性にも優れた仮想化IT基盤です。そして標準化されたラック単位での構成であるため運用管理の標準化も実現できます。

 一方で仮想化IT基盤では次に述べる理由からHyper-Vが使用する各種リソースの使用状況を従来のIT基盤に比べ、きめ細かくモニタリングし、分析することが求められます。

(1) VMホストサーバー内のリソースは、複数の仮想マシンからのダイナミックに変動するリソース要求によって消費されるので、仮想マシンが影響を与え合う複雑な状況になっている。
(2) 個別のVMホストサーバーの余剰リソースの有効活用のためには、基盤の状態を全体的に把握する必要がある。
(3) 複数アプリケーションのための共通基盤となるので、より高い信頼性が求められる。
(4) アプリケーションのレスポンス障害が発生した際ネットワーク状況まで把握し障害対応を行う必要がある。

 MKIでは、上記の状況に対応するべく、仮想化IT基盤のリソース使用状況の可視化・分析ツールである「VEstat」を開発しました。
 この「VEstat」を活用することで、「レスポンス障害への迅速な対応による仮想化IT基盤利用者の満足度向上」「レスポンス障害の原因切り分け作業工数と期間の大幅な削減」「仮想化IT基盤のキャパシティプラニング」を実現します。

 「VEstat」は「M-Model」をご利用いただくお客様を中心に提供してきましたが、Hyper-Vを導入、もしくは評価・検証中のユーザー様に「VEstat」の操作性と利便性を体験いただけるよう無償版「VEstat Free Edition」の提供を開始することと致しました。

「VEstat Free Edition」の提供機能とダウンロード方法は、「 Hyper-V品質測定・分析ツールVEstat Free Edition 」紹介ページをご覧下さい。

以 上


※ VEstatはVirtualized Environment Statistics Analyzer の略です。

 

Adobe Acrobat Reader PDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。


掲載されているニュースリリース本文、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

 
ページ上部へ