TOPページ > 製品・サービスニュース > 2011年 > 3月8日 MKI、福岡大学新世代IT基盤へのA10ネットワークスの“AXシリーズ”導入をサポート

ニュース


2011/03/08
三井情報株式会社

MKI、福岡大学新世代IT基盤への
A10ネットワークスの“AXシリーズ”導入をサポート

 三井情報株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:下牧 拓、以下:MKI )は、A10ネットワークスのアプリケーションプラットフォームAXシリーズが、学校法人 福岡大学(福岡県福岡市、学長:衛藤 卓也、以下:福岡大学)の次世代ネットワーク『FUTURE 4』に採用されたことをお知らせ致します。

 福岡大学は、学生、教職員を含め、約2万3千のユーザが利用する大規模なキャンパスネットワークを所有しています。また近年の『教育のIT化』に伴い、その利用者は年々増加傾向にあります。この大規模なキャンパスネットワークをほぼ全て入れ替えるプロジェクトが『FUTURE 4』です。
 従来のシステムでは一部のネットワークの遅延や、遅延による不安定な通信が大きな課題でした。加えて大型のシャーシ型製品を使用したネットワークにより、あらゆるサービスの提供を行っていたため、サービス毎にシステムを分けてシンプルに構成することができず、設定が複雑化し運用が煩雑となることも大きな課題となっていました。これらの課題を解決するために採用されたのが、A10ネットワークスのアプリケーションプラットフォーム AXシリーズです。AXシリーズを用いたことで高いコストパフォーマンスと信頼性の高い冗長機能の提供が可能となり、また、キャンパス内の末端までをギガビットネットワークで構成することにより、高速でより安定したネットワークの構築に成功しました。
 そして、DNSやLDAP、ユーザ認証機能などのあらゆるサービスを利用者に提供するサーバー群では、冗長化されたAXシリーズを通して提供することにより、高い信頼性とパフォーマンスを実現しています。

 同大学では既にIPv6アドレスを取得しており、キャンパンスネットワーク内のIPv6対応に向けた検証を行っています。AXシリーズはこの検証環境でも利用されており、MKIはその技術サポートを提供しています。福岡大学総合情報処理センター研究開発室准教授の奥村 勝氏は「AXシリーズであれば、既にIPv6にも対応しているので、将来的な移行もスムーズに行えると考えています」と、話します。AXシリーズは開発当初からIPv6を考慮して設計され、追加コストなしでネイティブのIPv6サービスを提供することが可能です。

 なお、今回の『FUTURE 4』に際し、MKIがAXシリーズの提案から導入、構築支援、保守を担当しました。MKIは米国のA10ネットワークス社がAXシリーズを日本で販売開始した当初から業務提携を行い、その優れた機能と先進的なロードバランス技術をサポートし、多くのお客様に導入してきました。今回のプロジェクトにおいても、A10ネットワークスの高い負荷分散技術と高信頼性の実現に向けた提案を行い、技術力を含めた総合評価に基づき導入が決定しました。

以  上

【報道関係からのお問い合わせ先】
三井情報株式会社 経営企画部 コーポレート・マーケティング室
press@mki.co.jp TEL:03-6376-1008、FAX:03-3435-0520

【福岡大学について】
 福岡大学は75年を超える歴史と伝統を有し、2万人超の学生数を抱える西日本有数の総合大学として地域社会で大きな役割を果たしています。福岡大学は教育・研究・医療の3つの高度機能の発展を使命とし、この3つの機能強化および「建学の精神」と「教育研究の理念」に基づく全人教育を通して、国と地域を支える有為な人材を輩出しています。ホームページ: http://www.fukuoka-u.ac.jp/

【三井情報株式会社について】
 三井情報株式会社(MKI)は、お客様のICT(Information and Communication Technology)基盤の構築・運用を通じて、お客様の情報コミュニケーションを支えてまいります。ICTインフラストラクチャからアプリケーションにわたり、コンサルティング、設計・構築、運用・保守サポート、データセンターを活用したサービス等をワンストップでご提供します。MKIは、お客様の経営戦略や業務基盤をICTで総合的に支える「ICTトータルマネジメントパートナー」として、お客様とともに持続的な成長を実現してまいります。
ホームページ: http://www.mki.co.jp/

 

※三井情報、MKI及びロゴは三井情報株式会社の商標または登録商標です。
※本リリースに記載されているその他の社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

 

Adobe Acrobat Reader PDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。


掲載されているニュースリリース本文、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

 
ページ上部へ