TOPページ > 製品・サービスニュース > 2011年 > 6月30日 メタボロミクス研究のための代謝経路解析システム「CrossPath」を販売開始

ニュース


ニュースリリース
2011/06/30
三井情報株式会社

メタボロミクス研究のための代謝経路解析システム
「CrossPath」を販売開始

膨大なメタボロミクスデータの生理学的解釈を支援

 三井情報株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:下牧拓、以下:MKI)は、大日本住友製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:多田正世、以下:大日本住友製薬)ゲノム科学研究所で開発された「“動きのある”代謝経路を選択する技術(※1)」を基に、膨大なメタボロミクスデータ(※2)の中から変動している代謝経路(※3)(以下パスウェイ)を自動的に抽出し、各代謝物の変動量をパスウェイ上に視覚的にマッピングするシステム「CrossPath」を開発しました。今回の技術開発により、実験で得られた大量のメタボロミクスデータの生理学的な解釈が容易になりました。
 当システムはMKI よりパッケージソフトとして、薬効、安全性、バイオマーカー等の研究へ取り組む製薬メーカーや研究所向けに本日より販売を開始いたします。本製品により、病気の進行度や治療効果をモニタリングできるバイオマーカー開発や新薬開発研究の効率化が期待されます。


製品名称
製品の主な特長
販売価格
サービス開始日
販売目標
代謝経路解析システム
CrossPath
・メタボロミクスデータから動きのある代謝経路(パスウェイ)を自動選出し、変動した代謝物をパスウェイ上
に視覚的にマッピングを行う
180万円/1ライセンス
(初年度保守費用込)
2011年6月30日 16本/4年

   詳細は、当社「バイオインフォマティクス」紹介ページをご覧ください。
URL:http://biz.mki.co.jp/service/bio/product/index.html

 

以 上

 

 ≪用語の解説≫
(※1)“動きのある”代謝経路を選択する技術:大日本住友製薬(株)ゲノム科学研究所で開発された技術(WO2011/055820)
(※2)メタボロミクス:生体内に含まれる代謝産物を網羅的に解析することにより,生体内で起きている反応を全体的に把握するための技術・学問分野。潜在的なバイオマーカーの発見、生物学的経路における薬剤や疾患の影響の検出などが期待できる。
(※3)代謝経路:生体物質が多段階の化学反応を経て別の物質に変化する一連の経路のこと。化学反応に応じて生成される物質を代謝物という。

【製品に関するお問い合わせ先】
三井情報株式会社 R&D センター バイオサイエンス室
〒164-8555 東京都中野区東中野2-7-14
TEL: 03-3227-5559 FAX: 03-3360-1730 E-mail: bio-info@ml.mki.co.jp

【報道関係からのお問い合わせ先】
三井情報株式会社 経営企画部 コーポレート・マーケティング室
TEL:03-6376-1008、FAX:03-3435-0520、e-mail:press@ml.mki.co.jp

【三井情報株式会社について】
三井情報株式会社(MKI)は、お客様のICT(Information and Communication Technology)基盤の構築・運用を通じて、お客様の情報コミュニケーションを支えてまいります。ICTインフラストラクチャからアプリケーションにわたり、コンサルティング、設計・構築、運用・保守サポート、データセンターを活用したサービス等をワンストップでご提供します。MKIは、お客様の経営戦略、業務基盤をICTで総合的に支える「ICTトータルマネジメントパートナー」として、お客様とともに持続的な成長を実現してまいります。
ホームページ: http://www.mki.co.jp/

※三井情報、MKI及びロゴは三井情報株式会社の商標または登録商標です。
※本リリースに記載されているその他の社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

 

Adobe Acrobat Reader PDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。


掲載されているニュースリリース本文、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

 
ページ上部へ