TOPページ > 製品・サービスニュース > 2011年 > 8月15日 両備ホールディングス株式会社、CRE(企業不動産)マネジメントに「MKI CRE Suite」を採用

ニュース


ニュースリリース
2011/08/15
三井情報株式会社

両備ホールディングス株式会社、CRE(企業不動産)
マネジメントに「MKI CRE Suite」を採用

~ SaaS型のCREマネジメントにより両備グループの企業価値向上を図る ~

 三井情報株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:下牧 拓、以下MKI)は、両備ホールディングス株式会社(本社:岡山県岡山市、代表取締役社長:松田 久、以下 両備ホールディングス)の不動産部門の社内カンパニーである両備不動産カンパニーにおいて、両備グループのCRE(企業不動産)マネジメントシステムとしてMKIのSaaS型サービス「MKI CRE Suite」が採用されたことをお知らせいたします。

 両備ホールディングスを中核とする両備グループは企業数50社、総社員数は8,000人を数え、明治43年の創業以来100年の社歴を誇り、「人を運ぶ」「モノを運ぶ」「情報を運ぶ」といった「運ぶ」ことに特化したビジネスを展開しています。運輸・観光から不動産、情報、生活全般にいたる総合的なサービスを提供する企業グループです。

 両備グループは、長い社歴と業容拡大の中でグループ内に保有する不動産が増大・多様化し、各企業での個別管理は出来ているもののグループ全体における有効活用と最適化が課題となっていました。両備不動産カンパニーでは、事業として不動産開発・管理を手掛ける一方、グループ資産の有効活用と最適化を推進するべく、グループ内に散在するCRE情報をデータベースで一元化してCREマネジメントを行う仕組みを検討してきました。様々なシステムを検討した結果、「MKI CRE Suite」は次のような特徴があることから採用する事を決めました。      
                                                                
① CREマネジメントに特化したデータベースが一元化に最適
② SaaS型のため容易に短期間に導入することが可能
③ 経営層に対してCRE戦略の具体的判断材料の提案が可能
④ 柔軟な項目設定により多様なグループ企業への対応が可能
⑤ 月額利用であり他社と比較してもコストパフォーマンスが高い

【今後の活用方針】
 両備不動産カンパニーは、まず第一フェーズとして「MKI CRE Suite」を利用し自社物件の情報集約を行い、CRE情報の一元化と見える化によって現状分析を行います。次に、第二フェーズとしてグループ各社が保有・賃借する不動産情報にまで取り組みを拡大して、グループ資産の有効活用および最適化を積極的に推進する事でグループ全体の企業価値向上を目指していきます。                                      

以 上
                                                                                                                                                      

【MKI CRE Suiteについて】
 「MKI CRE Suite」は、企業が保有・賃借している不動産に関する情報を一元化し、企業価値向上のためにCREマネジメントを支援するSaaS型の当社自社開発ソリューションです。企業内には、不動産に関連する情報が既存システムや個別のエクセル管理により散在していますが、それらのCRE情報(物件基礎情報、収支情報、契約情報、工事情報、設備情報、リスク情報など)をデータベースで一元化し、柔軟なアウトプットやGoogle Map上でのプロットにより多面的に管理・分析を行うことが可能です。また、物件に関係するドキュメント類も一元的に電子書庫に格納することが可能です。詳細は下記URLをご参照ください。 
【MKI CRE Suite紹介サイト】 http://biz.mki.co.jp/solution/cre/mcs/index.html

【製品・サービスに関するお問い合わせ先】
三井情報株式会社 サービス事業本部 SaaS事業部 CRE事業室
TEL:03-6376-1236 cre-std@ml.mki.co.jp 

【報道関係からのお問い合わせ先】
三井情報株式会社 経営企画部 コーポレート・マーケティング室 
TEL:03-6376-1008、FAX:03-3435-0520 press@mki.co.jp 

【両備ホールディングス株式会社について】
両備ホールディングス株式会社は、「人を運ぶ」「モノを運ぶ」「情報を運ぶ」をテーマとし、「運ぶ」をことに特化したビジネスを展開する両備グループの中核企業として、運輸・交通、生活関連部門を担います。両備グループの経営理念「忠恕(ちゅうじょ)」に基づく“真心を持った思いやり”を持ち次代へ繋がる、次代を創る事業を展開してまいります。ホームページ: http://www.ryobi-holdings.jp/

【三井情報株式会社について】
三井情報株式会社(MKI)は、お客様のICT(Information and Communication Technology)基盤の構築・運用を通じて、お客様の情報コミュニケーションを支えてまいります。ICTインフラストラクチャからアプリケーションにわたり、コンサルティング、設計・構築、運用・保守サポート、データセンターを活用したサービス等をワンストップでご提供します。MKIは、お客様の経営戦略や業務基盤をICTで総合的に支える「ICTトータルマネジメントパートナー」として、お客様とともに持続的な成長を実現してまいります。ホームページ:http://www.mki.co.jp/

※三井情報、MKI及びロゴは三井情報株式会社の商標または登録商標です。
※本リリースに記載されているその他の社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

 

Adobe Acrobat Reader PDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。


掲載されているニュースリリース本文、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

 
ページ上部へ