TOPページ > 製品・サービスニュース > 2013年 > 6月11日 MKI、ストラトスフィア社ネットワーク仮想化プラットフォーム製品を利用したSDNソリューションを提供開始

ニュース


ニュースリリース
2013/6/11
三井情報株式会社

MKI、ストラトスフィア社ネットワーク仮想化プラットフォーム
製品を利用したSDNソリューションを提供開始

~既存ネットワーク環境からシームレスにネットワークの仮想化を実現~

 三井情報株式会社(本社:東京都港区、社長:齋藤 正記、以下:MKI)は、株式会社ストラトスフィア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:浅羽 登志也、以下ストラトスフィア社)のネットワーク仮想化プラットフォーム製品「Stratosphere SDN(※1) Platform」(以下SSP)を利用したSDNソリューションを本日より提供開始いたします。

 今回、MKIがご提供するストラトスフィア社SSPを利用したSDNソリューションでは、稼働中のネットワークを置き換えることなく、SDNと既存ネットワークが混在するハイブリッド環境にて、SDNメリットを享受できます。また、様々な仮想化技術、各種ネットワークプロトコルを幅広く統合できるオープンプラットフォームにより、サーバ仮想化製品をはじめ、市場で広く利用されている製品への対応を予定しております。さらに、エンドユーザやサービスプロバイダ向けに、それぞれのニーズに合わせたAPIの提供を目指しており、特にサービスプロバイダにとって独自サービスの構築提供が可能となりビジネス上の差別化を実現できます。

 MKIでは、マルチベンダー環境でのネットワークインテグレーションを長年にわたりお客様に提供しており、さらにデータセンター運用やシステムインテグレーション実績をもっております。大規模かつ複雑化するネットワークインフラニーズに対し、MKIはSDN設計から導入、保守まで、お客様志向で最適なSDNソリューションを提供してまいります。

 なお、MKIのSDNへの取り組みについては、6月12日~14日、幕張メッセで開催される「Interop 2013」のMKIブースにてご紹介の予定です。(Interop出展のご案内:http://www.mki.co.jp/interop/)。

※1 SDN : Software Defined Network。ネットワーク構成を動的に設定するために、ネットワーク全体をソフトウェアで定義する次世代ネットワーク技術のコンセプト。

以  上

【SDN市場における動向】

 ITシステム構築の際に不可欠となった仮想化技術は、サーバ領域において普及進展しているものの、ネットワーク領域においては大きく遅れをとっております。従来、ネットワークはスイッチなど専用機器で構成され、機器毎の個別設定に依存しているため、クラウド需要に対応する大規模なネットワークインフラにおける柔軟性、俊敏性、運用負荷面で大きな課題が認識され始めました。それら諸問題の解決策の1つとして、ソフトウェアによってネットワークを制御する「SDN」という考え方に高い関心が集まっております。

 現在、SDNを実現する技術として、OpenFlow(※2)技術が注目されており、標準化活動が進んでおります。具体的には、独立したコントローラがすべてのスイッチを一括集中管理し、動的に経路制御やネットワーク構成変更などを実現します。これにより、ITリソースの設置場所に依存することなく、分散したデータセンター間で仮想マシンの増設や移行が、独自ポリシーのもと容易かつ短時間で行え、より柔軟なネットワークインフラやクラウド環境の構築が可能となります。さらに、ネットワーク設定の一括適用や運用の自動化により、運用負荷とコストを大幅に削減できます。

 また、IT市場調査会社のIDCジャパンによると、クラウドサービスプロバイダーやデータセンター事業者におけるネットワーク起因の課題と限界が顕在化し、その対策の必要性に迫られることにより、2013年はSDN市場元年となると分析されています。2014年からは本格的成長期に入り、SDN関連のプラットフォームは2016年において300億円以上の市場規模になるとの予測も出されております。(※3)

※2 OpenFlow : SDNを実現する技術のひとつで標準化を目指す。コントローラで複数のOpenFlowスイッチを一元管理し、その間の通信に使われるのがOpenFlowプロトコル。現在OpenFlowの標準化作業が、非営利団体Open Networking Foundation (ONF) にて行われている。ONFのボードメンバーにはグローバルのクラウドプロバイダーが名を連ねる。

※3 出典 : IDC Japan, 2012年12月「Japan IT Market 2013 Top 10 Predictions:IT産業の構造変化を加速する第3のプラットフォーム」(J13990181)

【報道関係からのお問い合わせ先】
三井情報株式会社 経営企画部 広報・IR室
TEL:03-6376-1008、FAX:03-3435-0520、e-mail:press@ml.mki.co.jp

【製品・サービスに関するお問い合わせ先】
三井情報株式会社 ビジネスアライアンス部企画室
TEL:03-6376-1122、FAX:03-3435-0524、e-mail:sales@ml.mki.co.jp
SDNソリューションホームページ:http://www.mki.co.jp/biz/solution/it_platform/sdn/

【株式会社ストラトスフィアについて】
株式会社ストラトスフィアは、SDN(Software Defined Network)技術をベースとして、次世代クラウド環境実現のためのプラットフォームを構築するソフトウェアスタックの研究開発を行う目的で、株式会社インターネットイニシアティブ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 幸一)と株式会社ACCESS(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:室伏 伸哉)により2012年4月に設立されました。ストラトスフィア(= Stratosphere)は成層圏を意味し、雲(クラウド)よりも上層にあることから、クラウドを超えた上を目指していく意志を表しています。また、成層圏は、気象が不安定な対流圏を覆っている安定した層であることから、クラウド全体を包括して安定、発展させるための技術を提供する使命を表現しています。
ホームページ: http://www.stratosphere.co.jp/

【三井情報株式会社について】
三井情報株式会社(MKI)は、お客様のICT(Information and Communication Technology)基盤の構築・運用通じて、お客様の情報コミュニケーションを支えています。ICTインフラストラクチャからアプリケーションにわたり、コンサルティングから設計・構築、運用・保守サポート、データセンターを活用したサービス等をワンストップでご提供します。MKIは、自らの技術力を駆使した新たなビジネスの創出と、顧客への価値提供に絶え間なく挑戦し続ける企業グループを目指します。
ホームページ: http://www.mki.co.jp/

※三井情報、MKI及びロゴは三井情報株式会社の商標または登録商標です。
※本リリースに記載されているその他の社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

 

 

Adobe Acrobat Reader PDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。


掲載されているニュースリリース本文、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

 
ページ上部へ