TOPページ > 製品・サービスニュース > 2014年 > 2月4日 MKI、ビッグデータを有効利用する「需要予測・自動発注ソリューション」を提供開始

ニュース


ニュースリリース
2014/02/04
三井情報株式会社

MKI、ビッグデータを有効利用する
「需要予測・自動発注ソリューション」を提供開始

― 作業服・作業関連用品の大型専門店チェーン、ワークマンが採用 ―

 三井情報株式会社(本社:東京都港区、社長:齋藤 正記、以下 MKI)は、ビッグデータを活用して需要予測を行い、その予測結果などから推奨発注数を算出する「需要予測・自動発注ソリューション」を2014年1月より提供開始しました。また、本ソリューションは、作業服・作業関連用品の大型専門店チェーン、株式会社ワークマン(本社:群馬県伊勢崎市、社長:栗山 清治、以下 ワークマン)に採用されました。

 小売業、流通業では常時大量の商品を取り扱うことにより、商品の欠品や過剰在庫のリスクが付きまといます。発注数や在庫数の判断は難しく、これらの業務はベテラン担当者の経験や勘に頼る部分が多く、属人的なスキルに依存しがちです。
 MKIの需要予測・自動発注ソリューションは、オープンソースの統計解析ツール「R」をベースに自社開発した需要予測エンジンと、株式会社NTTデータイントラマートの提供するWebシステム共通基盤「intra-mart」をベースに自社開発した自動発注エンジンの2つから構成されたソリューションです。需要予測エンジンに組み込まれている複数の予測モデルに過去の受発注データを取り込むことにより、最適なモデルが自動的に選択され、精度の高い予測をした上で、自動発注エンジンが予測結果や在庫情報から推奨発注数を算出します。これにより、算出された適正な発注量をもとに、迅速な発注判断が可能になります。

 ワークマンは、西日本での商品供給能力増強と配送時間の短縮のため、既存の群馬県の流通センターに加え、滋賀県に流通センターを新設することになりました。東西の2センターに分けて発注するため、発注件数と発注量算定業務は2倍となり、このままでは人員も倍増しなければなりませんでした。
 しかし、発注効率を上げることで従前と同じ人員で対応するべく、MKIの需要予測・自動発注ソリューションを採用しました。これにより、人員を増員することなく発注業務に対応できるようになり、商品の推奨発注量が算出できることで、不測の欠品状態を招くこともなくなりました。

MKIは、この需要予測・自動発注ソリューションにおいて3年で10件の顧客獲得を目指します。

【製品ページ】
MKI 需要予測・自動発注ソリューション
http://www.mki.co.jp/biz/solution/retail/demand_forecast/index.html

以 上


【お問い合わせ先】
三井情報株式会社 経営企画部 広報・IR室
TEL:03-6376-1008、FAX:03-3435-0520、e-mail:press@ml.mki.co.jp

【本製品サービスに関するお問い合わせ先】
三井情報株式会社 流通・不動産営業本部 流通営業部
 TEL:03-6376-1270、FAX:03-3435-0525、e-mail: sales@ml.mki.co.jp

【三井情報株式会社について】
三井情報株式会社(MKI)は、お客様のICT(Information and Communication Technology)基盤の構築・運用を通じて、お客様の情報コミュニケーションを支えています。ICTインフラストラクチャからアプリケーションにわたり、コンサルティングから設計・構築、運用・保守サポート、データセンターを活用したサービス等をワンストップでご提供します。MKIは、自らの技術力を駆使した新たなビジネスの創出と、顧客への価値提供に絶え間なく挑戦し続ける企業グループを目指します。
ホームページ: http://www.mki.co.jp/


※三井情報、MKI及びロゴは三井情報株式会社の商標または登録商標です。
※本リリースに記載されているその他の社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
 

 

Adobe Acrobat Reader PDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。


掲載されているニュースリリース本文、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

 
ページ上部へ