TOPページ > 製品・サービスニュース > 2014年 > 7月31日 MKIコミュニケーションプラットフォーム「ICPクラウドサービス」に新たなオプション機能を追加

ニュース


2014/07/31
三井情報株式会社

MKIコミュニケーションプラットフォーム「ICPクラウドサービス」に
新たなオプション機能を追加


 三井情報株式会社(本社:東京都港区、社長:齋藤 正記、以下:MKI)は、2014年7月より、MKIコミュニケーションプラットフォーム「ICPクラウドサービス」にオプション機能を追加しました。

 今回追加するオプションは、WFM(Workforce Management)アプリケーション市場で46.8%のシェアを持つ(※1)P&Wソリューションズ社のSweet Seriesの一製品であるSeat Managerで、「ICPクラウドサービス」上で初めてクラウド型のサービスとして提供します。Seat Managerは、コンタクトセンターにおけるオペレータのステータスを、座席表ベースの形式にてリアルタイムで表示することができます。今回のオプション追加により、「ICPクラウドサービス」は、従来に比べ更にきめ細やかなステータス表示設定を行うことが可能となり、ユーザの利便性が向上します。

【Seat Managerの主な機能】
・ 座席表ベースでのリアルタイム監視機能
・ スーパーバイザーが個別に設定できるMy Pageによる状態確認機能

(※1)Frost & Sullivan社「Japanese Contact Center Applications Market CY2013」調べ

<製品ページ>
MKIコミュニケーションプラットフォーム ICPクラウドサービス
http://www.mki.co.jp/biz/solution/contact_center/icp_cloud/function.html

以上


【本製品サービスに関するお問い合わせ先】  
三井情報株式会社 次世代コミュニケーション事業本部
TEL:03-6376-1240、FAX:03-3435-0526、e-mail:icp-sales@ml.mki.co.jp


【三井情報株式会社について】
三井情報株式会社(MKI)は、お客様のICT(Information and Communication Technology)基盤の構築・運用を通じて、お客様の情報コミュニケーションを支えています。ICTインフラストラクチャからアプリケーションにわたり、コンサルティングから設計・構築、運用・保守サポート、データセンターを活用したサービス等をワンストップでご提供します。MKIは、自らの技術力を駆使した新たなビジネスの創出と、顧客への価値提供に絶え間なく挑戦し続ける企業グループを目指します。
ホームページ: http://www.mki.co.jp/


※三井情報、MKI及びロゴは三井情報株式会社の商標または登録商標です。
※本リリースに記載されているその他の社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
 

 

Adobe Acrobat Reader PDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。


掲載されているニュースリリース本文、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

 
ページ上部へ