TOPページ > 製品・サービスニュース > 2014年 > 11月25日 MKI、SAP HANAに対応した商社・卸売業向けERPテンプレート「MKI-Trade Suite」を提供開始

ニュース


ニュースリリース
2014/11/25
三井情報株式会社

MKI、SAP HANAに対応した商社・卸売業向けERPテンプレート
「MKI-Trade Suite」を提供開始

 三井情報株式会社(本社:東京都港区、社長:齋藤 正記、以下 MKI)は、SAP HANA® に対応した商社・卸売業向けERPテンプレート「MKI-Trade Suite」をリリースしました。

 世界的にSAP HANAの普及が進む中、MKIはERPテンプレートのSAP HANA対応を進めるべくいち早く社内プロジェクトを立ち上げ、SAPジャパンが設立したSAP HANA推進コンソーシアムにも参画し、準備を進めてきました。
 SAP HANAに対応した「MKI-Trade Suite」は、商社や卸売業、メーカー販社向けに多数の基幹システムを構築してきた実績や知見を活かしたERPテンプレートです。商社や卸売業、メーカー販社等に必要な30のビジネスシナリオを完備し、鉄鋼、金属、化学品、機械・輸送システム、繊維、エネルギー、食料、コンシューマなど8事業に対応可能です。主な特徴としては、①Webベースのユーザーインターフェースで操作性が高い、②日本語、英語、中国語といった多言語に対応しているため海外拠点でも使用可能、③1拠点あたり最短6カ月で導入可能等があります。

 MKIは、向こう5年間で10件の「MKI-Trade Suite」案件獲得を目指します。

【製品ページ】
MKI-Trade Suite
http://www.mki.co.jp/biz/solution/saperp/sap_trade.html

以 上

    
【報道関係者からのお問い合わせ先】
三井情報株式会社 経営企画部 広報・IR室
TEL:03-6376-1008、FAX:03-3435-0520、e-mail:press@ml.mki.co.jp

【本製品サービスに関するお問い合わせ先】
三井情報株式会社 ERP推進部
 TEL:03-6376-1115、FAX:03-3435-0531、e-mail:erp-sales@ml.mki.co.jp

【三井情報株式会社について】
三井情報株式会社(MKI)は、お客様のICT(Information and Communication Technology)基盤の構築・運用を通じて、お客様の情報コミュニケーションを支えています。ICTインフラストラクチャからアプリケーションにわたり、コンサルティングから設計・構築、運用・保守サポート、データセンターを活用したサービス等をワンストップでご提供します。MKIは、自らの技術力を駆使した新たなビジネスの創出と、顧客への価値提供に絶え間なく挑戦し続ける企業グループを目指します。
ホームページ: http://www.mki.co.jp/


※三井情報、MKI及びロゴは三井情報株式会社の商標または登録商標です。
※本リリースに記載されているその他の社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

 

Adobe Acrobat Reader PDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。


掲載されているニュースリリース本文、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

 
ページ上部へ