TOPページ > 製品・サービスニュース > 2017年 > 3月16日 MKI、英Black Swanとビッグデータ分析サービスの日本展開で協業

ニュース


ニュースリリース
2017/3/16
三井情報株式会社

MKI、英Black Swanとビッグデータ分析サービスの日本展開で協業

-国内独占プレマーケティング権を取得し複数企業と実証実験を開始-

 三井情報株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:齋藤 正記、以下 MKI)は、Black Swan Data Limited(本社:英国 ロンドン、CEO:Steve King、以下 Black Swan社)と覚書を交わし、同社の提供するビッグデータ分析サービスに関してプレマーケティングを開始しました。MKIは既に大手企業数社と実証実験を行っており、その結果を踏まえ今後の国内市場に最適なデータ分析サービスを提供し、経営課題の解決を支援します。

 Black Swan社は、SNSや天気、ニュースなどの外部データと、企業が保有する販売や在庫実績、会員情報などの内部データを、統合的かつ柔軟に分析できる独自開発の基盤を活用し、ビッグデータ分析サービスを提供しています。シンプルでデザイン性があるBlack Swan社の統合分析基盤は汎用性が高く、欧米では各分野のグローバル企業に採用されており、主に需給予測の精度向上、商品開発の支援、広告予算の最適化、業務プロセスの改善を支えています。
 MKIでは2014年より流通・小売業に向けて自社開発の分析予測ソリューションの提供を含め積極的な研究開発を行ってきました。今後はBlack Swan社のソリューションとMKI独自で培った分析ノウハウを融合し、国内市場に向けた新たなデータ分析サービスの展開を目指します。
 MKIの親会社である三井物産株式会社は2016年3月にBlack Swan社に出資を行い、日本を含むアジア市場への参入を支援しています。MKIは両社と連携し、データ分析サービスの提供を通じて国内企業の競争力強化に貢献していきます。
 

■Black Swan社 ビッグデータ分析サービスの概要



【製品ページ】

Black Swanデータ分析プラットフォームのご紹介
http://www.mki.co.jp/biz/solution/analytics/blackswan.html



以上 

 

【Black Swan Data Limitedについて】
Black Swan Data Limited(Black Swan社)は2011年に設立したデータ分析技術を提供する英国のベンチャー企業です。英サンデー・タイムズ紙より2015年にThe Start-Up List 2015(第1位)、2016年にはSME Export Track 100(第1位)に選ばれています。Black Swan社のビッグデータ分析予測ソリューションは、飲料、製薬、エンターテイメントなど各業界のグローバル企業に利用されており、市場に対する洞察、活性化や効率化をもたらしています。
現在Black Swan社は英国、ハンガリー、米国、カナダ、シンガポール、南アフリカに拠点を持ち、240名のスタッフが働いています。
ホームページ: http://www.blackswan.com/

 

 【三井情報株式会社について】
三井情報株式会社(MKI)は、お客様のICT(Information and Communication Technology)基盤の構築・運用を通じて、お客様の情報コミュニケーションを支えています。ICTインフラストラクチャからアプリケーションにわたり、コンサルティングから設計・構築、運用・保守サポート、データセンターを活用したサービス等をワンストップでご提供します。MKIは、三井物産の100%子会社として同社のIT戦略を支えるとともに、市場や顧客のニーズを捉え、技術力を駆使することで新たなビジネスを創出し、顧客への価値提供に絶え間なく挑戦し続ける企業グループを目指します。
ホームページ: http://www.mki.co.jp/

※三井情報、MKI及びロゴは三井情報株式会社の商標または登録商標です。
※本リリースに記載されているその他の社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

 

【本製品サービスに関するお問い合わせ先】
三井情報株式会社 ソリューションセンター ソリューション企画部 
TEL : 03-6376-1122   E-mail : sales@ml.mki.co.jp

 

【報道関係者からのお問い合わせ先】
三井情報株式会社 経営企画部 広報グループ
TEL : 03-6376-1008   E-mail : press@ml.mki.co.jp

 

 

Adobe Acrobat Reader PDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。


掲載されているニュースリリース本文、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

 
ページ上部へ