技術力を磨き、
将来はプロジェクト
マネージャーとして
プロジェクト推進を
担いたい。

佐久間 衣歩(2014年入社)


最適なシステムのために
お客様の業務を理解・把握する

現在、商社向け基幹システムプロジェクトの開発を担当しています。基本設計から参加していますが、お客様の業務内容を深いところまで理解・把握することの重要性を痛感しています。お客様のご要望を聴いて、要望を満たした最適なシステムをカタチにしていくためには、システムの知識はもちろん、お客様の業務に関する知識が必要不可欠です。大変なことも多いですが、それだけにやりがいも大きいです。
時には急な設計書の変更などが入ってくることもありますが、慌てずに順序立てて仕事を進めていくように心掛けています。1カ月前に打ち合わせをしていた内容から変更されることもあり、へこむこともありますが、よりよいシステムにしていくために、メンバーと協力しながら頑張っています。

photo
photo

いろいろな分野の仕事ができる
という点も大きな魅力

入社当時は、不動産の賃貸借システムの保守の担当として、出来上がっているシステムを管理する仕事を経験しました。その後、金融業向けシステム開発案件のテスト段階から参加して、バグを原因究明しながらつぶしていきました。そして、現在は商社向け基幹システムプロジェクトの開発を担当しています。お客様の業種が多岐にわたり、そのお客様に対してインフラ環境の整備から複雑な業務システムの構築まで、幅広いサービスを提供できるところがMKIの特徴であり、魅力だと感じています。
いろいろなことを経験できることで、自然と知識やスキルの幅も広がりますが、知識を身につけていくための社内の研修や部内の勉強会も充実しています。社内ホームページを見て自分に必要な研修があれば、上司に相談して受講することもできます。MKIは仕事を進めていく環境はもちろん、さまざまな制度もしっかりしていますので、着実にキャリアアップしていくことができます。