×

2017/11/16
三井情報株式会社
PDF(224.3KB)

MKIと博報堂、企業のサブスクリプションビジネス導入支援を始めとしたデジタルトランスフォーメーション領域で協業を開始 -サブスクリプションビジネス支援プラットフォーム「Zuora」を始めとするITツールを活用-

 三井情報株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小日山 功、以下 MKI)は、株式会社博報堂(本社:東京都港区、代表取締役社長:水島 正幸、以下 博報堂)と業務提携契約を締結し、両社で企業のデジタルトランスフォーメーションを推進します。ビジネスコンサルティングから、サブスクリプションプラットフォーム「Zuora」を始めとするITツールを活用したシステム構築及び運用まで提供することで、企業のサブスクリプションビジネスへの変革を支援します。

 近年「所有から利用へ」をキーワードに、様々な業界で、サービスの利用期間に応じて収入を得るビジネスモデルであるサブスクリプションビジネスが展開されつつあります。そうした時代の流れを受け、これまで「所有」を前提とする製品売買中心のビジネスモデルを展開してきた企業においても、サブスクリプションビジネスを導入することは、顧客と継続的な関係を築き、更なる収益拡大につなげるチャンスとなります。しかしながら、製品・サービスの特性やターゲット等の周辺環境により、企業にとって最適なサブスクリプションビジネスモデルは異なり、導入にあたっては適切な準備と支援が必要となります。

 MKIと博報堂は、これからサブスクリプションを展開する企業に対し、博報堂がこれまで培ってきたビジネスコンサルティングの知見と、MKIが提供するサブスクリプションプラットフォーム「Zuora」を始めとする数々のITツールとその構築経験を活かして、企業のサブスクリプションビジネスモデル導入を提案します。

 MKIは、国内初のZuora販売代理店として企業への導入を進めている他、サブスクリプションビジネスプラットフォームとの連携が必要となるSFA/CRM分野、基幹システムにおいても多くのシステム導入実績があり、総合的なシステム構築を支援します。この度ビジネスコンサルティング及びデジタルマーケティングに強みを持つ博報堂と協業することで、より包括的に企業のサブスクリプションビジネス導入を支援し、ITの面からサポートします。今後もMKIは、様々な企業とパートナーシップ構築を推進しながら、企業の収益拡大に向けて注力していきます。


【製品ページ】 
サブスクリプションビジネス支援プラットフォーム「Zuora」について:
http://www.mki.co.jp/biz/solution/it_platform/zuora/index.html


以上

 

 

【株式会社博報堂について】
博報堂は「生活者発想」と「パートナー主義」という2つのフィロソフィーのもとで、日々革新を続けています。高いクリエイティビティを持つプロフェッショナルがチームを編成し、広告領域のみならず、戦略構築から社会的なムーブメントの創出まで、あらゆる領域においてクライアントの皆様の課題解決をお手伝いしています。マーケティング環境の変化を先取りし、統合マーケティング・マネジメント力でクライアントの事業価値を向上させる世界一級のマーケティング・カンパニーを目指していきます。
http://www.hakuhodo.co.jp/

 

【三井情報株式会社について】
三井情報株式会社(MKI)は、コンサルティングからシステム開発、基盤構築や運用・保守などITに関わる多様なサービスを半世紀にわたりお客様に提供してきました。合併10周年を迎えた2017年4月には新たに"デジタルトランスフォーメーションセンター"を設置し、お客様のビジネス創造を実現する新しいITサービスを展開しています。MKIは常に市場やお客様のニーズを捉え、蓄積された技術と知=KNOWLEDGEを駆使することで、新たなビジネスの創出と顧客への価値提供に絶え間なく挑戦し続けていきます。
ホームページ: http://www.mki.co.jp/

※三井情報、MKI及びロゴは三井情報株式会社の商標または登録商標です。
※本リリースに記載されているその他の社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
 


 
【本製品サービスに関するお問い合わせ先】
三井情報株式会社 IT基盤サービス営業本部 クラウドサービス部
TEL:03-6376-1280、E-mail:[email protected]


【報道関係者からのお問い合わせ先】
三井情報株式会社 経営企画部 戦略企画室 広報グループ
TEL:03-6376-1008、E-mail:[email protected]

 

 

 

Adobe Acrobat Reader PDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。 
お持ちでない方はこちらからダウンロードし、ご利用ください。


掲載されているニュースリリース本文、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。