×

ALMシステム:ALFA

ALM for Financial Analysis

ALFAは、従来から実施されてきたGAP分析、VaR分析など静態的分析に加え、期間収益概念を採り入れたEaR分析により、今後の累計期間収益の予想最大損失額を適宜把握できます。日本銀行・金融庁の「モニタリング調査」にも対応しています。コア預金、アウトライヤー規制にも対応しています。以下は、主な特徴となります。

ALMの業務効率化

社内定型ALM出力帳票、当局対応帳票はボタン一つで対応可。

当局向け帳票の標準実装

制度変更により帳票が変更された場合、保守料内で対応。

 モニタリング等当局報告

 (日本銀行マチュリティラダー表、金融庁MK003,MK020,MK021,MK022 など)

安価

同機能実装の他社製品に比して、コストパーフォマンスが高い。

住宅ローン評価モジュール(オプション)予定

住宅ローン等のローンの生涯収益シミュレーション行うことができるモジュールも提供していきます。

システムの機能範囲

現状分析機能

ギャップ分析、金利リスク分析、流動性リスク分析、  金利感応度別B/S表、短期プライム理論値計算

期間収益機能

金利感応度分析、収益シミュレーション、支店収益管理、  EaR分析(オプション)、TP収益管理(オプション)

時価評価機能

現在価値分析、VaR分析、債券評価シミュレーション、  将来時点分析、将来時点VaR分析、株式/投信VaR分析  日次VaR分析(オプション)

その他機能(導入先からの要望により実現)

電子データはExcelを介しての入力を可能に  保有データのCSV出力、パラメーターのExcel入出力

※機能詳細につきましては、直接、お問い合わせください。

システム利用イメージ

導入実績など

導入実績 (2016年8月現在)

ALFA   ALFA Price
地方銀行・第二地銀 14
信用金庫 7
信用組合(※) 4
JAバンク・JFバンク 9
その他金融機関 2
 
地方銀行・第二地銀 11
信用金庫 5
信用組合 4

(※) 他に共同センター向けとして約123信用組合で導入

書籍紹介

一般的なパッケージシステムでは、システム内部計算ロジックをブラックボックス化し、ユーザ様に公表しないケースがあります。ALFAは、計算ロジックを書籍にて公表しております。当局の検査、考査時等、計算ロジック開示の要求にも対応できます。

 

ALMシステムの再構築 近代セールス社 堤 康高著

これまで公開されることがなかったALMシステムの機能・分析法・計算法などの解説書

システム構築の考え方/ALMデータベース/基本的分析の仕組み/シミュレーション分析/現在価値分析/バリューアットリスク計算/アーニングアットリスク計算/ほか

お問い合わせ

担当部門:金融・コンタクトセンター営業本部 電話番号:03-6376-1114